審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区
.
  • HOME »
  • 審美と金属アレルギー

審美と金属アレルギー

金属アレルギーについて

金属アレルギー

歯科金属が皮膚粘膜疾患の原因になることは、1928年に既にフライシュマンによって報告されていました。

1980年初め、中山秀夫先生が歯科金属のよるアレルギー疾患の症例を提示され、その後 金属アレルギーの研究と臨床に組織的に取り組むこととなり今日に至っています。

■金属アレルギーの臨床

金属アレルギーは口腔外に発症することが多く 接触皮膚炎、異汗性湿疹扁平苔せん、その他とされています。

■金属アレルギーの検査法

患者さんの侵襲が少なく多種類のアレルゲンを同時に調べることができるパッチテストが多用されています。この点は皮膚科やアレルギーの専門の先生方にお願いしたいと思います。 

金属アレルギーの治療 抗原除去療法

歯科金属がアレルゲンではないかと疑われる場合、成人の口腔内には多数の填め物や金属冠が装着されています。視診ではその組成金属の種類は分かりません。

それぞれからサンプルを採取分析しアレルゲンを含むものを特定し、それのみを撤去、交換します。歯科的な抗原抗体療法で大変手間のかかる厄介な治療です。

こうした治療の後、早い場合は2~3か月で快方に向かいますが、1~2年を要することもあります。アレルゲン金属は分解されず、体内から排出されるのに時間を要するためと考えられています。

金属アレルギーの予防

金属アレルギーの1次予防は、現状では困難ですが上皮下の組織に金属が直接接するピアスは避けた方がよいでしょう。
2次予防は 皮膚科医と歯科医の連携の下、アレルゲン金属が判明した時は、これを含有しない材料で歯科処置を行うことです。

アレルゲンが 1番多い金属

1.Hg(水銀)   アマルガム
2.Ni       コア(土台に使われる金属)
3.Co       金属床

審美と金属

アマルガムが現在口腔内に入っている割合
ミュンヘン大学Reinhard Hickel教授論文より 2009

1985~88 1995~98 2005~08
USA 85% 58% 40%
ドイツ 75% 30% 20%
スウェーデン 40% 5% 0%
ノルウェー

私が歯科医になってすぐに疑問に思ったことは「自然な美しさとは何か?」ということでした。しかし当時は機能優先、むし歯治療優先で美しさとは機能であり、噛めることだったのです。

もちろん噛めることは第一条件です。

たとえばアマルガムは修復材料としていまだに使われていますが、私は水銀が入っているため、その危険性を感じてほとんど使ったことがありません。

最近は、技術、科学の進歩のおかげで、それまで難しいとされてきた審美と機能の回復を同時に可能にしました。科学の進歩のもと治療が行える今日は幸せです。 

金属アレルギー症例写真

愛知学院大学歯科補綴学講座 池戸 泉美先生文献より

掌蹠膿庖症 最初の状態

掌蹠膿庖症 金属除去前

綺麗になったてのひら

掌蹠膿庖症

掌蹠膿庖症  

皮膚科領域で治療がなされている掌蹠膿庖症も金属アレルギーが原因の一つとして考えられています。

Δセラミックの治療例

審美治療の診査、診断

審美治療を始める前にやること

審美治療を始める前にやること

審美治療を始める前に診査、診断が必要です。

模型

家の建築にたとえると

地質調査   写真 歯肉検査
地下測量   レントゲン
地質測量   模型
診査があり分析ができます。

顔貌の分析  顔貌の均衡 肌の色
歯と口唇の分析  口唇の厚さ スマイルライン
歯の分析    歯冠形態 サイズ比率 シンメトリー
歯肉の分析   歯肉形態 炎症 色

審査(レントゲン 歯肉検査)模型写真があってこそDT(技工士)との話し合いがスムーズに進み、適応する治療、材料を選ぶことができるのです。

審美治療を担う DT  技工士

会社名  ニヒラ デンタルラボ
代表    仁平 久一
業務内容  保険技工(歯科修復 有床義歯)
一般技工(架工全般 義歯 ノンクラスプデンチャー
ポーセレン オールセラミック 矯正)

技工士

当ラボの基本姿勢を最初に申し上げたいと思います。
同一人の口腔内技工物は、同一ラボで同一技工士が担当すべきだと当ラボでは考えております。
当然分業制による技工物作成もありますが、それでは技工士の考え方や技術の違いもあって統一性のある理想的な技工物が出来上がるとは思えません。

スワンデンタルクリニックさんとのお付き合いは十数年になります。
技工依頼を受けるたびに、双方で当該患者さんにとって審美や機能の面でどうすることが最善の方法であるかの検討を加えるという形で私共の業務が進められています。

これがスワンデンタルクリニックさんと私共ニヒラ デンタルラボとの関係です。

<海外技工依頼〉

当医院では現在社会問題視されている海外への技工依頼(価格の安い中国など)は行っていません。
アメリカにおいて海外輸入歯科技工物から鉛が検出されたというニュースが報道されたようです。
中国では義歯から鉛が検出され安全に問題ありと国内でも報道されました。

審美治療の費用、治療期間へ>>

審美治療の接着とMI

審美とMI

MI:ミニマルインターベンション(minimal intervention)とは最小侵襲治療(あまり削らない治療)のことをいいます。

女性の口元

私は最少の侵襲で最大限の効果をあげる処置をすることがMIだと思っています。

歯を大きく削られて喜ぶ患者さんはいません。
現状を理解した上で患者さん側に立った治療を患者さん自身で選択するべきと思っています。
歯医者が患者さんの歯を大切にする。

患者さんも自分の歯を大切にする。


歯科医院は歯を破壊する所ではなく守る所であることを相互理解する。

MI実現

審美と接着とは

私が歯科医になった頃は、接着という分野は実現できておらず合着が主流でした。
接着とは歯質と修復物が一体化することです。
合着はむし歯を削った所にセメントで銀歯をつけます。
壁にタイルを張っていくのと似ています。タイルは壁にセメントをつけてはっています。

タイルがはがれ落ちることがあるように「銀歯がとれる」こともあるのです。
科学、技術の進歩で接着が可能になり、Allセラミックが現実のものとなったのです。

審美修復

2次うしょく(治した所が再びむし歯になる)の危険性を遠ざける治療
再修復の規模を大きくさせない修復

これらを可能にさせたのが接着の進歩です。

審美治療の診査、診断へ>> 

審美の型の採り方(保険の型取りとの違い)

保険で使用されている印象剤

・アルジネート印象剤
・寒天印象剤

自費で使用している印象剤

・シリコーン印象剤
・ラバー系印象剤
・その他

印象剤

左:アルジネート+寒天印象剤
右:シリコーン印象剤

同じ模型で、同部位を印象した内部です。

左のピンク色が、アルジネート+寒天印象剤で保険で使われるものです。

右の青いのが、シリコーン印象剤で自費治療で用いられています。 

印象を採った直後の写真ですので、大きな違いはでていません。

寒天印象剤の方は、3分もたつと変形が始まります。

保険で使用している寒天印象剤は、食品の寒天と同じ海藻からできています。

高温で溶けて、低温で固まる性質を利用し、寒天の流れのよさを利点として使用されますが、欠点は 寒天は、水分を多く含んでいるために、時間が経つと変形してしまいます。

せっかく作ったSet物が、口腔内で適合せず、再度作り直しになることも日常診療には、ままあります。

患者さんに迷惑をかけて、申し訳ないのですが、寒天の性質上100%乾燥変形なしの印象が採れることは、ありません。

自費診療で使用しているシリコーン系印象剤は、もっとも精密で型取り後、2~3日してもその精密さを保っています。

そのため限りなく隙間のないぴったりした詰め物やかぶせ物が出来上がります。

▲審美治療について

審美歯科と金属アレルギー

 現在、むし歯治療で歯医者に通っています。

「次回、冠をかぶせることになります」と言われ帰ってきました。

よく考えると母は、金属アレルギーで歯ぐきの黒ズミや口の中のアレルギーなどに困っています。親子なので私も同じようになるのでしょうか?

歯科で使用する金属の特性とリスクを教えて下さい。

clown

保険がきく歯科材料は、俗に言う銀歯とアマルガムがあります。
アマルガムは、銀の細粒とスズと水銀などを混ぜて作られます。
このうち水銀は3分の1を占めています。
そのような金属が口の中に10年、20年と長い単位で入っているのですから、その毒性が心配されるのは当然でしょう。

口の中に複数種の金属が入っている危険!!

また、口の中に複数の金属が存在すると、金属の一部は口の中に溶けだしてきます。
唾液という電解質の中に異種金属が存在すると、そこに電位差が生じ、イオン化傾向の高い金属が溶出してきます。
※イオン化傾向とは、金属が陽イオンになる性質の度合をいいます。貴金属度の低いものほどイオン化傾向は高くなり、貴金属度の高いものは低くなります。

口腔扁平苔癬2pm.jpg

写真 水戸済生会総合病院皮膚科

飯島 茂子先生資料より

歯科金属アレルギーが関与した口腔扁平苔癬

前述のアマルガムで説明します。
口の中にアマルガムの詰め物と金のかぶせ物がある場合、まずアマルガムの水銀が溶けだし、次いで銀が溶けていきます。
これは水銀が一番イオン化傾向が高いからです。

この溶出した金属が、細胞毒性や金属アレルギーを引き起こす恐れがある考えられています。
この問題は何年か前にNHKが取り上げ、最近もアマルガムに含まれる水銀がアトピーの要因になるとの報告が、日本経済新聞に掲載されました。
こうした被害があっても、それが、金属によるものと科学的に立証するのは困難で、因果関係が明確にされていません。

しかし疑いのあることは事実ですから、なるべく金属は使わない、使う場合は、貴金属度の高いもの(金)を1種類だけ使うのがよいでしょう。   

アレルギーの原因

東京歯科大学大学院研究科長 井上 孝先生著書より

現在、日本国民の3分の1が、花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息を発症しているといわれています。
わずか数年の間に生活レベルが向上し、その結果、世界一の長寿国となりましたが、その代償は アレルギーという形で戻ってきました。

この原因には3つの要素があります。

  1. 植林された150万ヘクタールにも及ぶ杉は、現在花粉を放出する適齢期に到達していて、住宅の心地のよい空間には、家だにの数が飛躍的に増加しています。
  2. 日本が綺麗すぎることです。(発展途上国にはアレルギー患者をみることはまれだといいます。)
  3. 近代国家が生み出した大気汚染物質です。特に、交通量の多い街道沿いでは、交通量の少ない地区の何倍もアレルギー患者が多いといいます。 

アレルギーの発症の仕組み

アレルギー発症のメカニズムはいうまでもなく、免疫の異常です。
感染に対応するTh1細胞とアレルギーを起こすTh2細胞がバランスを保っていれば問題はないのですが、上記の理由から、そのバランスは崩れ、Th2細胞の働く機会が増えてしまうのです。
 

<<審美歯科の材料について 


歯科用金属

近年、金属アレルギーの患者さんが増加してきていて、患者さんは金属アレルギーではないかと疑われて、歯科医院に来院される方もいます。

患者さんの中には、金属アレルギーかも?と疑われていても、どの金属元素にアレルギーがあるのかを知らない場合が多く、すぐに歯科治療が進められない場合も少なくありません。

現状では歯科治療において金属材料は必要不可欠です。
しかし、一般歯科開業医では、パッチテスト等のアレルギー検査はできません。
金属アレルギーを疑われる方は、皮膚科の先生の診療を受けることが先決です。

また、歯科治療はほとんどの金属材料が合金という形で使用されています。
金歯といっても他の金属は含まれており、銀歯についても同様です。
金を使うというのは、金が一番多く含んだ合金を使っているということです。
合金という形でないと歯の形に鋳造できません。 

歯科治療に使用される金属

1 金合金
2 白金加金合金
3 陶材焼付合金
4 金銀パラジウム合金
5 銀合金
6 アマルガム合金
7 チタン合金
8 純チタン合金

などががあります。(4 5 6 は保険適応金属です。それ以外は自費治療になります。)

パッチテストの結果をみて、アレルギーの出た金属元素を使わないことが、歯科治療を受ける時に必要です。
セラミックについてはアレルギーの報告は現在のところないと思われます。
今後セラミックによるメタルフリーの治療が主流になってくれればと思います。

金属1pm.jpg

金属アレルギー患者 金属元素別人数 愛知学院大学資料より

金属アレルギーと腐食

患者さんの口腔内を拝見すると数種類の金属による治療痕をみることは少なくありません。

複数種の金属が口腔内にあるということは、異種金属が接触しガルバニー電流をおこす心配があります。
口腔内は過大な咬合力が加わることで応力腐食をおこすこともあります。

また、唾液が電解質となるために、口腔内は金属が溶出しやすい環境ともいえます。

なるべく金属を使わない治療、もしくは1種類の金を主体とした治療を受けるのがベストでしょう。

腐食pm.jpg

※腐食
金属が化学反応によって変質すること 

※ガルバニー電流
唾液や汗を介して異種金属が電池のようになり電流が流れ慢性的不快感をもよおすことがあります。

腐食について

保険で使用する金属

・アマルガム合金
・銀合金
・2%金銀パラジウム合金
・その他

自費治療は材質に制限はありません

・セラミックス
・ゴールド
・チタン
・その他

根っこの治療をする前に銀歯の冠をはずしたところです。一般的に見られる口腔内で、また日常によくみられる金属が腐食を起こしている歯の状態です。

腐食

黒くなっているところが、腐食です。むし歯ではありません。

この方の口腔内には、アマルガム合金、銀合金、12%金銀パラジウム合金、その他が、混在しています。

口腔内は、歯を使って毎日いろいろなものを噛みつぶし、温度変化が激しい場所です。
異種金属同士が、ガルバニー電流を起こし、唾液を介在させ合金は、腐食し体内に少しづつ取り込まれていきます。
個人差がありますが、生体はいろいろなものにアレルギー反応を起こします。

金属アレルギーもその1つです。

アマルガムは、金属アレルギーの原因の1つ

アマルガムは、微量ですが水銀を含み、アトピー性皮膚炎の原因の1つではないか?といわれています。

アレルギーの方が多くなった現在でも、口の中に多種多様の金属が入っていても、身体の症状がない方がほとんどです。しかし、「花粉症」と同じように日々蓄積され、あるレベルを超えると初めて症状として現れます。

このHPで何度も書いています。

自費治療になりますが、長期的に腐食せず、咬合力に耐えうる生体親和性の高いノンメタルの修復物で治療するのが身体に1番よい方法です。

咬合力等の諸々の問題で、どうしても金属治療が必要な時は、1種類のGoldを選択し、統一させることが望ましいです。

▲審美治療について

 

右上 奥歯2本の金属→ダイレクトボンディングにやりかえ

金属の奥歯2本をダイレクトボンディングにやりかえ

 

右下 奥歯2本の金属→ダイレクトボンディングにやりかえ

金属の奥歯2本をダイレクトボンディングにやりかえ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ