昔は多くの人がタバコを吸っていましたが、2003年の健康増進法の施行により、喫煙者は減少傾向にあります。また、喫煙場所も以前より大幅に減少しています。

私の知り合いの喫煙者も、昔はすぐに喫煙所があってタバコを吸えたのに今は喫煙所を探すのも一苦労だといっていました。

喫煙

タバコが悪影響を与えるのは肺だけではない

みなさんは、タバコ=肺癌などというイメージがある方が多いのではないでしょうか。

しかし、タバコは肺以外にも体の様々なところに悪影響をあたえます。

ではお口の中ではどうでしょうか。

タバコは歯周病の原因となる?

喫煙者の人は非喫煙者の約2~9倍歯周病になりやすいといわれています。

タバコには、血管を収縮させる働きがあります。そのため歯茎に血液が十分に行き届かずに栄養不良となり抵抗力を奪い、歯周病になりやすくするのです。

また、歯周病の治療をしても再発しやすく、治りにくいといわれています。

タバコで歯が茶色くなる

タバコのヤニで歯が茶色くなるのは知っている方も多くいるのではないでしょうか。

ヤニはタールという真っ黒で脂っぽい液体の物質からできています。

それがタバコに含まれているために、黒いタールが薄まって茶色や、黄色のような色で歯に着色していきます。

ヘビースモーカーの人の中には、真っ黒な歯をしている人もいるようです。

また、これらの色素沈着は歯磨きではおとすことができません。

歯だけではなく歯茎も変色

タバコを吸う人の歯茎を見てみてください。黒くありませんか?健康な人の歯茎はきれいなピンク色をしています。

タバコを吸うことで歯茎にメラニン色素が沈着します。そのため歯茎が黒くなってしまいます。

歯周病が原因で歯茎が黒くなることも

慢性的な歯周病の場合、歯茎が内側から黒く変色することがあります。

また、歯茎にまで色素沈着をすることもあります。この場合も歯磨きでおとすことはできません。

その他にも多くの悪影響が・・・

タバコに含まれるタールとニコチンの成分が口臭の原因となります。

タバコを吸うことで、血液の住管機能が低下し、唾液の分泌が低下します。これも口臭につながります。

タバコを吸うことで最悪の場合口腔ガンになることがあります。口腔ガンには、歯肉ガン、舌ガン、頬粘膜ガンなど様々な種類がります。

禁煙をこころがけましょう

このようにタバコを吸うことで体や口には多くの悪影響があります。

禁煙することでストレスになるようであれば、禁煙外来へ通うなどして禁煙をこころがけていきましょう。

さいたま市岩槻区のスワンデンタルクリニックでは審美歯科・歯周病治療に取り組んでいます。