朝起きたら歯茎が腫れている、そういえば数日前から歯茎が腫れているような気がするという方も多くいます。特に痛みなどがなければそのまま様子をみる方もいますが、だんだん痛みが出てきたりすることもあります。

歯科イメージ

忙しくてすぐには歯科医院を受診できない

歯茎の腫れは突然起こりますので、医院に行くためには仕事を休まなければいけない。しかし、忙しくてとても休みをとれないなんてこともあるかと思います。

では、家でできる対処法はないのでしょうか。

柔らかめの歯ブラシでマッサージしながらブラッシング

お口の中の状態が悪いと細菌が増殖し歯茎も炎症を起こして腫れることがあります。

そのため、歯磨きをするときに歯の表面だけでなく、歯と歯茎の際の部分や歯茎の部分をマッサージするようにやさしく磨いてあげてください。

炎症があると初めは出血してくるかもしれませんが、磨いているうちに落ち着いてきますので怖がらずに磨いてください。

体を休めて冷やすことで腫れや痛みを抑える

腫れや痛みが強い場合はぬれタオルや冷えピタなどで冷やしてみるとよいかと思います。

また、ストレスが溜まっていたり寝不足だったりすることでも歯茎の腫れの原因となりますので休める時にはしっかりと休んで、栄養のあるものを食べるようにしましょう。

痛みがあるときは痛み止めを服用しましょう

歯茎の腫れだけでなく痛みがある場合は我慢せずに痛み止めを服用しましょう。

痛みを我慢して食事ができなかったり、仕事に集中できないこともあります。

また、できるだけ早めに歯科医院を受診してお口の中の状態を診察してもらうようにしましょう。

歯茎が腫れる原因にはどのようなものがあるの?

歯茎が腫れる原因はいくつかあります。

歯周病が原因でポケットに細菌が増殖し歯茎が腫れる、膿が出るなどの症状がありますし、生えかけの親知らずの周りの歯茎が腫れる場合は、智歯周囲炎といって磨きにくい親知らずのまわりに細菌がたまり歯茎の腫れにつながります。

また、根の先に膿を持っていたり、治療が十分にできていない場合なども腫れることがあります。

自己判断ではなく歯科医院で診察を!

なんにせよ、歯茎が腫れるということはなんらかの原因がありますので、自己判断で様子をみるのではなく、なるべく歯科医院を受診し、しっかりと口腔内を診察してもらいましょう。

さいたま市岩槻区のスワンデンタルクリニックでは審美歯科・歯周病治療に取り組んでいます。