皆さんが毎日使用する歯ブラシには様々な種類があるってしっていましたか?

今回は歯ブラシの種類についてお話しします。

デンタルミラー

一般的な歯磨きも種類はいろいろ

みなさんがよく使われている歯ブラシはドラックストアやコンビニなどで多く陳列されているものではないでしょうか。

硬さも柔らかいものから硬いものまでさまざまで、ヘッドの大きさも大きいものから小さめのものまで様々です。

歯ブラシの種類は何種類かあり、磨く用途により変わってきます。

毛の並び方も様々

歯ブラシの毛の並び方に注目したことのある方は少ないのではないでしょうか。一般的には3列か4列に並んでいるものが多いですが、そのほかにも2列など様々な毛の並び方があります。

歯ブラシを使う年齢によって変える

歯ブラシも0歳の赤ちゃん用から大人用まで様々です。

赤ちゃん向けのものは、噛んで汚れを落としたりするタイプなどがあります。

また、歯ブラシのパッケージには○○歳からなど年齢が書いてあるものもありますので見てみてください。

タフトブラシなどのヘッドが小さいものも

タフトブラシは毛の列がなく、毛束が山状にかっとされているヘッドが小さい歯ブラシです。親知らずなどの奥歯を磨くときや、矯正をしている人は矯正器具との間などを磨くのに適しています。

よく知られている歯間ブラシ

歯間ブラシはCMなどで見たことがある又は、すでに使っているという方は多いと思います。歯間ブラシは名前の通り歯と歯の間の汚れを落とすために使います。サイズもいろいろありますのでご自身合ったものを使ってみてはいかがでしょうか。

歯間ブラシが入らない人はデンタルフロスなどを用いるとよいと思います。

先端が回転する歯ブラシもあります

回転する歯ブラシは、ローラーの周りに毛が植え込まれていて、奥歯の磨き残しが多いところや舌磨きにも使用できます。一般の歯ブラシより回転する歯ブラシの歯垢除去効果が高いともいわれています。

電動歯ブラシ

最近では電動歯ブラシを使用する人も多くなってきています。

電動歯ブラシは1秒間の間に振動する回数が多いので手をこまめに動かさなくても短時間で歯磨きを行うことができます。

これら以外にも舌ブラシや義歯用のブラシなどいろいろな種類のものが販売されています。
是非あなたに合った歯ブラシを使用して清潔な口腔内を保ちましょう。

さいたま市岩槻区のスワンデンタルクリニックでは審美歯科・歯周病治療に取り組んでいます。