顕微鏡歯科の根管治療

患者さんが「1か月くらい前から、歯茎がはれた。」

と言い来院されました。
大きな膿の袋ができていて、根っこの中の状態がかなり悪く骨も吸収しています。

初診2

 

 

 

 

 

初診時

術中2

約2週間後

約1か月後

約1か月後

難症例でしたが、患者さんの理解力の高さと協力で治療をすすめることができ、外科オペなしで快方に向かいました。
今回のようにすべての難症例が治癒に至るわけではありませんが、難しい症例もマイクロスコープの利用で格段に、臨床成績がアップしています。 

歯茎の腫れの6つの原因

1 歯周病によるもの

2 歯の根っこに膿がたまったもの

・虫歯が進んで根っこまで広がってしまった時
・神経をとった歯でも、その中にバイ菌が入り感染を起こした時

3 根っこが割れている

4 親知らずの腫れ

5 口内炎

6 歯と歯のい間に食べ物がはさまっている時

今回のケースは、根っこの治療が必要でした

根管治療時に使う器具根管治療時に使う器具

根っこの中を拡大し、清掃、消毒を繰り返します。

<< マイクロスコープについて

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区