審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区
.
  • HOME »
  • 審美歯科と酸蝕歯

審美歯科と酸蝕歯

レモンと電動ブラシで歯が溶ける?! 審美歯科から

・電動ブラシは、すごく汚れが落ちる

・電動ブラシは、歯みがきが楽

・手みがきより、電動ブラシの方が落ちる

 電動ブラシ

上記のように思われている方は、危険です!!以下をしっかり読んで下さい。

 むし歯が原因でない歯の表面の損失は、生活習慣に影響される疾患であり

 咬耗(歯ぎしり くいしばり 噛みしめ)

 2 摩耗(過度なブラッシング)

 3  酸蝕歯(科学的歯質の溶解)があります。

酸蝕歯は、欧米では広く認知されていますが、日本では認知度が低いのが現状です。
最近は、健康志向の向上と若年層の嗜好品の変化によって、むし歯ではなく酸蝕による疾患が見逃せない問題となっています。 

 身近な食物が歯を溶かす!

市販の飲料水の73%もがエナメル質臨界PH5.5を下まわる値を示すそうです。
PH5.5以下が問題なのです。
(PH2.2の炭酸飲料は、酸性度がかなり高く飲み続けると歯を溶かしてしまう値です。)
どういうことかというと、気軽に常飲していると歯が溶けるということです。

ビール
食酢
炭酸飲料 これらは、PH5.5以下の値を示します。だから問題なのです。

例外


牛乳
お茶

また調味料も同様にエナメル質臨界PH値を下回る値を示します。

調味料例 

ドレッシング 和風 中華 洋風 レモン ポン酢 醤油

主訴「下の歯が冷みる」といらした若い女性です。
C3CEB3D0B2E1C9D2pm
典型的な酸蝕歯です。
『酸っぱいものを、よく食べますか?』
「いいえ、食べません」とお答えになります。経験上、抽象的な質問には抽象的な答えしか返ってきません。具体的に問いかけると具体的な答えが返ってきます。
『お肌によいビタミンCの顆粒剤を飲んでいませんか?
ビタミンCの飲料水とかコーラや梅干し、健康に良い食酢などはどうですか?
ゆずやイタリアンドレッシングをかけて食べませんか?』
こううかがうと 

「肌によいので毎日レモンを1個と皮膚科で出してもらったビタミンの顆粒剤を夜飲んでいます。」との返事でした。 

またある方は
「家族全員で毎日食酢を飲んでいます。身体が丈夫になりました。」といわれました。
「毎日梅干しを3個食べます。」
「部活中はずっとポカリスエットを飲んでいます。部活中飲んでもOKなんです。」とおっしゃった方もいました。

■ 酸蝕歯の予防 

下記に意識して欲しいことをまとめました。

1.意識の改革

ビタミンCが肌によいことも、食酢が身体によいことも事実です。
その反面、滞留していると歯を溶かすこともまた事実です。
熱中症予防のための水分補給は大切ですが、酸性傾向にあるスポーツ飲料を多量に高頻度飲んでいると酸蝕歯になる可能性も高くなります。
酸っぱいものを食べたら、口をゆすいで歯に残さない気をつける意識を持って下さい。

2.歯磨き

酸っぱい食物、飲み物のあとの歯磨きは避けてください。

酸性食品の飲食後はエナメル質が軟化しています。そこにゴシゴシ歯みがきをするとエナメル質が削られてしまいます。
酸っぱいものを飲んだり、食べたりしたらよく水で口をゆすいで下さい。しばらくしたら歯みがきをして下さい。

3.適切な歯ブラシ、歯みがき粉を選んで下さい

ある患者さんは、長期間ビタミンC入りの炭酸飲料を常飲し、ヤニ取り&美白歯みがき粉を付け電動歯ブラシでみがいていたそうです。

その方が
「歯の表面が黄色くなってきた」と来院されました。

A5ECA5E2A5F3BFDDA3F0A3ED

美容・美白のためによかれと思い込んで続けていたことが、
表面のエナメル質を削りとり、黄色い象牙質が見えてしまう結果になってしまいました。

美白とうたわれている歯みがき粉は研磨剤が入っていますから長期間過度に使い続けていると歯は削られてしまいます。
軟らかいブラシを使用し、多量の歯みがき粉の使用はひかえて下さい。

どの方も健康・美容に熱心で、それが原因で酸蝕歯をつくりあげているとは思ってもいません。
酸蝕歯の認知度も上がり、正しいセルフケアをしていただきたいと願っています。

レモン食べたら歯が溶けるの?歯科からの注意

なぜ、多くの人が、レモンを食べると歯が溶けることを知らないのか? 

レモン

みなさんはレモンというと

・紅茶入れるもの

・お肌にいい

・健康にいい

・酸っぱい

・食べ物の付け合わせ

・ビタミンCが豊富

といったイメージをもちます。

 

【内容ーレモンは歯を溶かす】 

清涼飲料水

・レモンは酸性の食べ物である

・酸性食品は歯を溶かす

・梅干しは歯を溶かす

・清涼飲料水は歯に悪い

・健康食品の食酢が歯に悪いワケ

・赤ちゃんの哺乳瓶にジュースを入れるのは危険!!

・ドレッシングは危険! 

 

レモン、毎日食べたら歯が溶けるの?

「歯が溶ける」と聞いて「むし歯」を思いうかべます。
むし歯は、むし歯菌が出す酸によって歯が溶けてしまった状態をいいます。
しかし、歯が溶ける原因はこれだけではありません。むし歯菌がいないきれいな口の中でも歯は溶けます。
歯は酸性の食べ物や飲み物に触れただけで溶けるのです。

これは純粋に科学的に起きる現象です。これを酸蝕歯と呼んでいます。

直接、酸に触れたエナメル質は溶けて軟らかくなります。

そこへ咬む力が加わると、軟らかくなったエナメル質が失われてしまいます。
つまり科学的力に物理的力が加わることで、エナメル質の減り方が増大してしまうのです。
酸蝕歯は、知らないで繰り返している食習慣、生活習慣が原因となっている場合が多いのです。

酸蝕歯

運動後、食酢を飲んでいた患者さん

酸蝕歯

毎日レモンを食べていた患者さん

上記口腔内写真 東京医科歯科大学 北迫 勇一先生資料より

学生の頃習った酸蝕歯とは、塩酸、硝酸、硫酸などの強酸を扱う職業に従事する人がなるものとされていました。
これらの疾患は法律の整備、労働環境の改善により減少されていくものとされています。
しかし、酸蝕歯そのものは、世界的に増加しつつあります。

若年者においては拒食症・過食症などの摂食障害による嘔吐、柑橘類・炭酸飲料・スポーツ飲料などPHの低い(酸性)飲食物の大量摂取による酸蝕歯です。

高齢者は、健康を考えての柑橘類の摂取、PHの低い(酸性)食酢や温泉水を飲むことによる酸蝕歯です。

関連記事

<<レモンと電動ブラシは危険!!はこちらへ

熱中症予防の栄養ドリンクの危険 熱中症の応急処置3つのポイント

栄養ドリンク、スポーツ飲料の飲み過ぎに気をつけて!!

熱中症予防の栄養ドリンクの危険

A5B9A5DDA1BCA5C4B0FBCEC1pm

熱中症対策水分補給のため、また疲労回復のために、栄養ドリンク、スポーツ飲料を飲む方が増えています。

米国歯科専門誌『General Dentistry』

● 甘いスポーツ飲料や栄養ドリンクを飲む量が増えると、歯にとって大きな損傷が生じるという研究結果が発表されました。

米国では10代の30~50%が定期的にスポーツ飲料と栄養ドリンクを飲んでいるといわれています。

● 実験によると、歯のエナメル質の損傷の度合は、スポーツ飲料よりも栄養ドリンクの方が2倍高かったといいます。

歯磨きの危険!

糖分や炭酸を摂取した後は、口の中が酸性に傾き、エナメル質が溶けだす臨界PH5.5を下回ります。

● そうなった状態で、ゴシゴシと固い歯ブラシで歯をみがくと必要以上に歯が削られすり減ってしまいます。 

このホームページでもこの件については何度も繰り返しています。

必要以上の糖分、酸の取り過ぎは、歯を脱灰させてしまいます。

スポーツ飲料、栄養ドリンクの飲み過ぎに注意して下さい。

 

 熱中症になった時の応急処置

1 涼しいところに移動する

2 衣服を緩め、身体を冷やします

3 生理食塩水を補給します

酸蝕歯になっている患者さんの6つの習慣と6つの予防方法

酸蝕歯になっている患者さんの習慣

A5ECA5E2A5F3BFA9A4D9A4EBBFCD20A3B2

○「食酢が身体によいから」と習慣的に飲み続ける。          
○ 炭酸飲料のオマケを集めほぼ毎日炭酸飲料水を飲む。
○ シミが気になって、グレープフルーツを毎日かかさず食べる。
○ 美容のため毎日レモンを食べる。
○ ビタミンCの粉末を夜間摂取し、そのまま就寝する。
○ 梅干しを毎日数個食べる。

 

酸蝕歯にならないように、どんなことを注意すればいいの? 

東京医科歯科大学う蝕制御学分野教授 田上順次先生資料・写真より

C9F4B3E820A3B2

  1. 毎日ジョギング後の水分補給に、ビタミンドリンクや食酢ドリンクを愛飲している。
  2. 部活中、熱中症予防のため少量ずつスポーツ飲料を飲んでいる。
    ★中高生は、奥歯の永久歯はまだ生えたてで軟らかく、成人の歯に比べてとくに溶けやすいです。
  3. 朝食後は健康のためグレープフルーツを食べ、その直後にしっかり歯みがきしている。
    ★柑橘系の果物はとくに酸性度が高く、エナメル質を軟化させます。そこへゴシゴシと歯みがきをすると、エナメル質が過剰に削られてしまいます。
  4. 赤ちゃんがグズると哺乳瓶でジュースを飲ませると満足してよく寝てくれる。
  5. お酒は、チューハイかワイン。チビチビ飲むのが好きで、つまみはいらない。
    ★お酒は少しずつ飲む方が、体への負担は少ないですが、酸に触れる時間が長くなるため、歯への負担は増えます。
  6. 仕事での運転中は、やっぱり大好きな炭酸飲料。信号で止まるごとに飲む。

■ 自分でできる酸蝕歯の予防はあるの? 

東京医科歯科大学う蝕制御学分野教授 田上順次先生資料・写真より

  1. 酸性の飲食物を口にしたら、そのあと水やお茶を飲む。
  2. 酸っぱいものを食べたら、直後には歯みがきを控える。ゴシゴシと歯みがきをすると酸に触れたエナメル質が過剰に、削られてしまいます。
  3. 口が渇いている時は、酸性の飲み物は避ける。
  4. 赤ちゃんに哺乳瓶でジュースを飲む習慣をつけない。
  5. 軟らかい歯ブラシを使う。

注意する 飲み物&調味料 はどんなもの?   

東京医科歯科大学 北迫勇一先生資料・イラストより

C8D5BCE0A3B2

気をつけたほうがいいもの3つ

1 酸性  炭酸飲料水はPH値の低いもの(酸性)が多いです。

近年の健康志向を背景につくられたカロリーオフ炭酸飲料もPH値はやはり低くカロリーオフといっても、歯によいとは限りません。

2  PH低い アルコール類でPH値が低いのが缶チューハイ・梅酒・ワインです。毎日じっくり晩酌に時間をかけて飲んでいる方は、注意が必要です。

3  調味料 PH値の低い調味料は、ドレッシングとポン酢です。酢の物・酢をつけて食べる餃子・トムヤムクンなども注意が必要な食べ物です。

健康志向の高い方のライフスタイルは概して規則正しく、意思が強いだけに、一度こうと決めると習慣として長期にわたり、続けられることが多いようです。

その中に、たまたまエナメル質を溶かすリスクが組み入れられていると、気づいた時にはひどい酸蝕歯になっていることが少なくありません。
身体によい飲み物が、歯によい飲み物であるとは限らない点に注意が必要です。 

問い レモンを毎日食べたら歯が溶けるの?

答え 審美の大家ゴールドシュタイン先生もレモンなどの摂取は、気を付けるように言われています。
酸っぱいものの過度の摂取は歯を溶かします。
適度な量を食べ、酸を口の中に残さないことが大切です。

関連記事

<<レモンと電動ブラシは危険!!はこちらへ

アイスレモンティー飲むと歯が溶ける?!アイスレモンティーが危険な2つの理由

  なぜ、アイスレモンティーが危険なのか? 

「いったい、どういうこと?」と思われたなら、以下のお話は重要です。

???????????????????????????????

その理由は2つあります。 

1つめの理由レモンは、酸性であること。酸性の食品は歯を溶かします。

2つめの理由をガリガリ噛む人は歯にヒビが入りやすいからです。

クエン酸の危険!

レモンを食べると歯が溶けやすい
過度な摂取は避けた方がいいことを、このHPで繰り返し書いてきました。
コーラはPH2.48です。
しかしPHだけが問題なのではなく酸の種類にもよります。
酸の中でもクエン酸といわれるものは、歯を溶かす割合が高くなります。

レモン+砂糖+氷と歯によくないものがいっぱいです。
アイスレモンティーは危険がいっぱいです。

実験

牛の歯を酸性飲料水に浸す実験をすると1時間で歯の表面が溶けだします。

牛の歯5分

【写真 東京医科歯科大学 う蝕制御学分野大学院 藤井 美恵先生資料より 】

5分後 ウロコ状の模様

牛の歯1時間

60分後 表面が溶けて粗くなっています。

また氷をガリガリ噛む癖のある人は特に注意して下さい。歯にひびが入りやすいです。

審美歯科の大家ゴールドシュタイン先生もコイス先生も同じ様に話されています。

紅茶のカロリー・糖質はどのくらい?

午後のティータイムに紅茶とケーキやクッキーといただきことが多いものです。紅茶のカロリー・糖質はどのくらいでしょうか?

カロリー

・ストレートティー:100gあたり1㎏ ほとんどカロリーはありません。

・レモンティー:カップ1杯200mlとして実際に入れるレモンは6㎉くらいです

・ミルクティー:100mlあたり35㎉になります。

そこに砂糖1ステックシュガー1本加えるごとに19㎉加わることになります。

糖質

紅茶はカロリーだけでなく、糖質も低い飲み物です。

ストレート:100mlあたり0.1g程度

レモンティー:カップ1杯で1gくらい

ミルクティー:カップ1杯で5gほどの糖質になります。

ここに5gのステックシュガーを加えると糖質を5g加えることになります。

甘いもの食べないのに、虫歯ができた!日本に虫歯が多い2つの理由

甘いもの食べないのにむし歯ができた!

C3BABBC0_00012

むし歯予防のためには甘いものを食べ過ぎてはいけない、ということは現代では誰でも知っています。
昭和48年をピークとして国民1人当たりの砂糖の消費量はかなり減ってきました。

現在では、むし歯が日本より少ないフィンランド、デンマークなどの北欧の国々のほうが、日本よりも砂糖の消費量が多いのです。
 

それでは何故砂糖の消費量の少ない日本のほうがむし歯が多いのでしょうか?

その理由はいくつかあります。

虫歯の最大2つの理由

 飲食物の中で砂糖だけがむし歯の原因ではありません。

でんぷんは麦芽糖やブドウ糖に分解され、細菌によって酸が作られます。
歯の表面のPH(酸性度)が5.4以下になると脱灰(むし歯)始まります。
また砂糖が入っていない100%ジュースやスポーツドリンクなども、それ自体が酸性のものは歯の表面のカルシウムイオンを遊離させ、むし歯の原因となります。 

 要するに飲食物のとりかた(時間、回数)が大事なのです。

歯の表面では酸によりカルシウムイオンが溶けだす脱灰と、唾液中のカルシウムイオンが取り込まれる再石灰化が絶えず行われています。
長時間飲食物を口にしたり、何度も間食をすると脱灰の時間が長くなり、再石灰化の時間が短くなり、むし歯になりやすいのです。
したがってフッ化物で歯の表面を強化したり、食事時間や回数に気を付け、ブラッシングを確実に行うことが虫歯予防には大切です。

関連記事

<<虫歯についてはこちら

PAGETOP