審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区
投稿
  • HOME »
  • 審美歯科と知覚過敏・歯ぎしり・くいしばり

審美歯科と知覚過敏・歯ぎしり・くいしばり

上顎のゴツゴツした盛り上がりってガン?口蓋隆起の意外な原因と治療法

・上顎をベロでさわったら出っ張りがあった!

・歯医者の入歯になったら大変だよと言われた。どういうこと?

・ゴツゴツした骨が上顎にある、誰でもあるの?

口蓋隆起

ゴツゴツした骨の出っ張りの症状 口蓋隆起の症状

口蓋隆起は、上顎の真ん中の位置する骨のふくらみで、一般的には紡錘形(円柱状で真ん中が太く、両端に従い細くなる形)ですが、結節状(エンドウ、クルミ程度の大きさの隆起物)や扁平状(ひらべったいこと)もあります。

べろで触れたり、指で触ったりすると硬く、痛みはありませんが時間とともの少しずつ大きくなる傾向にあります。

自覚症状ないまま、少しずつ大きくなるので、ある日突然、気付いたり、歯医者で指摘されたりして驚く方が多いようです。幼少期にみられることはなく、盛り上がって顕著になってくるのは、40歳以降とされています。

口蓋隆起の原因

原因は明らかでなく、遺伝、咬合機能の影響、栄養障害、歯ぎしり、くいしばりが強い方に多くみられるといわれています。

誰でも歯ぎしりするの?どうして歯ぎしりするの?

神奈川歯科大学 学長 佐藤 貞雄先生 資料より

現代社会の中、急激な社会構造の変化に伴い、ストレスに起因した疾患が多発しています。慢性ストレスにより内臓疾患や免疫系の疾患を誘発し、さらに過剰ストレスによって脳障害も加速しています。

動物にとって噛むという行動は、攻撃性の表現です。一般的には動物は敵に遭遇すると最大のストレスを感じ、それに対して攻撃的に噛むという行為でストレスを発散しています。

人間の場合、攻撃は大脳皮質によって抑制され、情動ストレスは精神領域に蓄積されます。しかしストレスの蓄積は生命維持にとって重大な問題です。人間の場合は睡眠中にブラキシズム(歯ぎしり)をすることで、ストレスを発散し、健康を維持しているものと考えられます。

高度に進化したヒトにおいては、攻撃性の抑制によって動物が本来持っていた咀嚼器を用いる攻撃性の発現が、睡眠ブラキシズム(歯ぎしり)に変化したものと考えられます。

Dental Compression Syndrome(DCS)とは?

歯ぎしりとかみしめにより引き起こされる様々なダメージの集まりをいいます。

歯ぎしり

Gene McCoy博士は、

『人口の90%が、DCSを持っているにもかかわらず、自覚している人は5~10%にすぎない』といわれています。

『ストレスは、日中だけでなく就寝中も続き、それを発散・緩和しようと歯ぎしりやかみしめ、くいしばりとなって現れます。その強い力が、歯・歯列。顎口腔系へ加わって、自らの身体に影響を及ぼすとされ、その1つが口蓋隆起かもしれないとされています。』

ゴツゴツした骨はとったほうがいいの?

一般的には、手術でとる必要はないですが、ゴツゴツした骨の部分の歯肉は薄くなっているために、入歯があたってしまい、痛みが出る場合は、手術を選択するとよいでしょう。

■ 口蓋隆起の手術が必要な4つの症状

1 入歯があたって痛くなる時

2 口蓋隆起が大き過ぎて入歯が作製できない時

3 気になって発音しづらい

4 食べ物がくっつきやすい、または取りづらく不衛生になる時

■ 口蓋隆起に手術方法

1 口蓋隆起の周りに麻酔をします

2 上顎の骨を開いて口蓋隆起を見えるように出します。

3 バーやノミを使って、削って切除していきます。

4 切除面をツルツルにします。

5 上顎の歯茎を縫って終わりです。

骨隆起~歯の裏の骨が出っ張ってきた!

 なぜ、下の歯の裏の骨が出っ張ってくるのか?

以下のどれかにあてはまる方は、よく読んで下さい。

  • 下の歯の裏にできものができたみたい
  • ベロでさわったら、ゴツゴツしている
  • 最近、下あごの裏が出っぱってきた
  • 歯医者で、骨が出ているから、入歯づくりが大変と言われた

下の歯の裏の骨が出っぱってきた

「下の歯の裏の骨が出っぱってきた。別の病院に行ったら癌じゃありません、と言われ、じゃ、何なんだろう?診て欲しい。」

と患者さんが来院され、実際にあった話しです。

1つ、1つ説明していきますので、ご安心下さい。

近年、多くなる骨隆起 骨の出っぱりの原因は何なんだろう?

学術書には、

骨隆起

口蓋正中縫合部、および下顎骨小臼歯舌側に発現する骨増生を骨隆起という。原因は不明であり、単なる隆起で腫瘍性病変は全く欠如しており、青年期以降に次第に増大するが、普通はある程度増大すると自然に停止する。

と書かれています。

発生原因はまだ明らかになっていませんが、現在では、遺伝や力との関連性が指摘されています。 

☆歯科医師は、どうやって原因を見つけるの?

歯科医師は、骨隆起がみられる方の口腔内全体を見て、原因を考察していきます。

骨隆起が確認されたからといって必ずしも力が関与しているとはいいきれませんので、原因をさぐるために、口腔内全体を診ていきます。

咬耗・修復物表面性状の変化・エナメル質の亀裂・楔状欠損・歯の圧下・頬粘膜・舌圧痕・骨吸収・修復物の脱離・顔・歯列のゆがみ・歯の移動・舌癖・過蓋咬合の進行・歯肉退縮の進行・歯冠破折・歯根破折・口腔周囲筋の緊張

などの全体を見ていきます。

☆骨隆起は、ほっといていいのか?

結論から言います。癌ではないので、ことさら心配することはありません。
しかし上記の口腔内症状が、複数確認された場合は、力が過剰にかかっています。

ストレスが多い生活が続くと、それを発散するために、歯ぎしりをするとされます。

歯ぎししりの過剰な力が、歯をすり減らし、骨隆起をつくりだすともいわれています。

骨隆起は、歯ぎしりと関係あるのか?

1度、歯科医院に来院され、口腔内全体のチェックが必要です。
歯ぎしり、くいしばり、咬みしめ等がないか確認し、【力のコントロール】が必要となります。

☆噛みしめ・歯ぎしりしている方へ 力のコントロールのすすめ

現代社会のストレスの中、歯ぎしり・くいしばりは程度の差こそあれ誰もがしています。

「無意識でしているものをコントロールできるのか?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。気付きさえすれば減らすのは簡単です。

リラックス

「絶対、歯ぎしりをやめる」ではなく、「やめたらリラックスできるかな?」とよいほうに考えて下さい。イメージトレーニングはスポーツ選手がやっている自己暗示法です。

スポーツ・重たいものを持つ時は、ぐっとくいしばらないように気を付けて下さい。

上下の歯が当たっていませんか?

ごはんを食べている時以外は、上下の歯が触れ合っているのは1日で5分程度です。

高いまくら

マウスピース

歯科医院でマウスピースを作り、食事中以外ははめて自己観察していただくと、激しく歯ぎしりする方は1日で穴があきます。

骨隆起は、歯ぎしりやくいしばりが強い方に多くみられます。歯のすり減りやゆさぶられる骨のダメージを防ぐためのもマウスピースを使うのは有効です。

マウスピース

☆骨隆起の除去手術

骨隆起の出っ張りが、入歯のじゃまをしている場合は、骨隆起を除去する手術が行われる場合もあろます。

<<この記事を読んだ方は、酸蝕歯の記事も読んでいます。

歯ぎしり・くいしばりがある人の口の中の12の症状

『過剰な力』 歯ぎしり・くいしばりが起こると。。

「歯がかけた」「金属が取れた」「治してもらったところが壊れた」などの予測のつかないトラブルが起こります。

いらいら母さん

同じ治療をしているのに、計画通りの進む患者さんと治療がうまく進まない患者さんがいる、もちろんお一人ごと状態が違っているので違いがあって当たり前ですが、かぶせ物が短期間のうちに取れたり、壊れたり、歯が割れたりするケースがあります。

これは歯に加わる「過剰な力」が原因です。

「割れた」「取れた」「壊れた」は、

一見突然起こるようにみえますが、無理を重ねた末の結果の現象です。
本人が気づかないうちに歯ぎしりやくいしばりをして、特定の場所にギリギリと連日力が加わり揺さぶられていれば、取れたり、壊れたり、歯が割れても不思議ではありません。

破切

歯冠が割れている症例 

■ストレス社会の歯ぎしり・くいしばり

歯科医は口の中の状態を見て、歯ぎしり、くいしばりの痕跡を見つけだします。
「歯ぎしりしていませんか?」

とお聞きしても、たいがいの方は、不審そうな顔をするばかりです。 

歯ぎしり・くいしばりがある人の口の中

押見 一先生資料より

1  唇の周りの筋肉が強く、ミラーをいれても口が十分開かず、治療がしずらそう
2  頬の内側の筋肉が勝手にピクピク動く
3  くさび状欠損(歯ぐきの近くの歯の根元がえぐれている)がある
4  歯のかみ合う面が摩耗してぺったんこになっている
5  前歯の先が溝状に凹んでいる
6  奥歯の金属のかぶせものにシワがよっている
7  詰め物(金属、差し歯)がよく取れる
8  詰め物やかぶせものの周りによくむし歯ができる
9  ブリッジが壊れやすく、歯が折れてしまう
10 かぶせもの(金属冠、ブリッジ)を噛んだときの高さが気になって仕方ない
11 エックス線をとる時の装置をつい強く噛んでしまう
12 骨隆起(下前歯の裏にある丸く隆起した骨)がある

関連記事

<<歯根破折の例 → 顕微鏡歯科

■多くの人がしている歯ぎしり・くいしばり

 上下の歯はいつもかみあっているのは、ふつうだ。と思っている方がいます。その方はくいしばりのクセがあるはずです。

ごはんを食べている時間以外で、上下の歯が触れあっているのは1日で5分程度です。
ところが、ストレス社会の中、ストレスの多い人は、仕事中、勉強中、家事の間、就寝中など、さまざまな場面で長時間ギシギシ軋ませています。

奥歯の力は60kg以上ともいわれますが、この力で揺さぶられては、エナメル質は壊れくさび状欠損になったり、歯が割れても不思議ではありません。 

歯ぎしり・かみしめのコントロール

現代社会のストレスの中、歯ぎしり・くいしばりは頻度と程度の差こそあれ誰もがしています。

「無意識でしているものをコントロールできるものか?」と思うかもしれません。

大丈夫です。日中のくいしばりなら気づきさえすれば減らすのは容易です。また、就寝中の歯ぎしりも減らすことができます。

  1. 歯科医院で歯列に合わせたマウスピースを作り、食事中以外ははめて自己観察していただく方法があります。激しく歯ぎしりをする方は1日で穴があきます。
    これは、なかなか自覚できない歯ぎしり・くいしばりを発見するのに一番簡単な方法です。 
  2. 真の原因である忙しい日常をかえる、リラックスするのが一番よいのです。しかし、仕事を辞めるわけにはいきません。次の策として、イメージトレーニングです。「絶対やめる」ではなく、「やめたらリラックスするかな」とよい方向に考えて下さい。スポーツ選手が自己暗示で最高の実力を発揮するように行っている方法です。 
  3. スポーツや重いものを持つとき、注意して下さい。 
  4. 「上下の歯が、当たっていませんか?」と時々問うて下さい。
  5. 高い枕は噛みしめやすくなるので避けましょう。

むし歯、歯周病、歯ぎしり、くいしばりのどれもがセルフコントロール以外での予防方法はありません。

医療全般、どんな高度医療が発達しても、最終的にはご自分の健康はセルフコントロールによって守られます。
健康に留意し、歯科に限らず身体を大切にして下さい。

※マウスピース製作は保険適応です。

ベロの横が波うっている!舌圧痕の2つ原因

■ベロの横がボコボコしているのは病気?

■なぜベロが波うっているの?

圧痕

↑頬に横に白いスジがついています。

↑舌に歯のアトがついています。横の舌が波うっている感じです。

舌圧痕 (べろの横のぼこぼこ)

頬粘膜や舌の緊張、圧迫によって、粘膜部に歯列が強く接することにより生じます。

それ自体に特別な治療を必要とする病的な状態ではありません。しかし圧痕を生じさせる原因には、注意が必要です。

■頬粘膜に生じる圧痕の原因

ぐっと噛みしめるクレンチング(食いしばり)や歯と歯をカチカチさせるタッピング、ブラキシズム(歯ぎしり)など習慣になっている方に多くみられます。

歯ぎしり

■舌に見られる歯痕2つの原因

舌先に見られる歯痕は、

1 ストレスや緊張などによる舌の押し当ての習慣がある方によくみられます。
 水分代謝や浸透圧の異常などで、体液が停滞しやすくなると舌の辺縁部に歯の圧迫痕が見られるようになります。

歯科医の視点

圧痕が舌の見られた時は、クレンチング(食いしばり)、ブラキシズム(歯ぎしり)、舌癖、歯列不正の有無などを確認します。

確認事項としては、

咬耗、修復物表面性状の変化、エナメル質の亀裂、楔状欠損、歯の圧下、頬粘膜・舌の圧痕、一部臼歯の骨吸収、修復物の脱離、顔・歯列のゆがみ、歯の移動、舌癖、過蓋咬合の進行、歯肉退縮の進行、口腔周囲筋の緊張 など口腔内とその周辺全体をみていきます。

また、水分代謝がで行われているのか、生活習慣と現状の身体の様子について考察します。

舌の圧痕の見落としがちなポイント!

 姿勢

骨粗鬆症などによって越しが曲がった姿勢や前かがみの姿勢が長く続くと、頭部が前屈姿勢になって舌が前歯にあたりやすく、舌先への圧力が高くなって圧痕がつくことがあります。

2 ストレス

原因の1つがストレスである場合、顎の周りの筋肉が緊張していたり、歯肉の抵抗力低下、感染に対する免疫力低下もあって、口内炎や顎関節症も発症しやすい状態です。

3 くいしばり・かみしめ

くいしばり・かみしめが原因の時は、歯の咬耗も合わせ見てみましょう。長期のかみしめ・くいしばりは、歯をすり減らします。

関連記事

<<舌ブラシなどのケアgoodsについて

虫歯じゃないのに歯がしみる。 歯がしみる9つの原因

「歯が、冷みる。知覚過敏かも?」

よくCMの中で使われている言葉です。
しみるな、と思ってもいつもではなく、アイスクリームを食べた時だけとか、時々しみるという方もいるのではないでしょうか?
症状は、自然に治まってしまう軽度なものから、常にしみる症状まで様々です。 

A5A2A5A4A5B9A5AFA5EAA1BCA5E02

軽度の知覚過敏が治まってしまう理由

唾液由来の石灰化物などでできているスメア層というものが、象牙質を覆うからです。
そのおかげで神経に直接刺激が伝わりにくく、痛みとなって現れないのです。
このスメア層は、ゴシゴシみがきや酸性の食品で容易にはがれてしまいます。
しかし、スメア層は時間が経てば作られます。すると自然に知覚過敏の症状が治まっていたということがあるのです。

歯ぎしり

まさかのしみる原因が、歯ぎしり・噛みしめ だった!

歯ぎしりなんてしていない!!と思った方は以下をよくお読みください!

歯ぎしり

歯ぎしりは、たまっているストレスを就寝中に発散する行動とされています。
また脳に酸素を送る手伝いをしているともいわれています。

しかし、過度な歯ぎしりの過剰な力が、健康な歯や治療済みの歯を少しづつ破壊していきます。
本来なら上の歯の犬歯は、犬歯というだけあって尖っているものです。しかし、最近はすり減ってしまって犬歯の形をしていない方も、多くみられます。正常なら100年かけても1mmしか、歯は減りません。

噛みしめ

また噛みしめ過剰な力も問題です。
上下の歯はふだんは、ふれあっていません。少し浮いた感じが自然です。食事以外で上下の歯がふれているのは、1日5分程度です。

歯に常時強い力が加わり続けると、硬いエナメル質にもヒビが入ります。
歯の根元もくさび状欠損ができ、エナメル質が擦り減り損なうのです。(力の集まりやすい根元が影響を受けます)
歯ぎしり・噛みしめは、歯に大きなダメージを与えているのです。

 

 知覚過敏

歯がしみる9つの原因

しみる原因9つです。

 歯ぎしり・噛みしめ

エナメル質にヒビがはいったり、歯の根元がえぐれてきて象牙質が露出ししみてきます。

 歯ぎしりで歯が擦り減る

奥歯の山がなくなり、ぺったんこになったり、前歯が欠けたりします。

 歯周病で歯茎が下がる

歯周病になると歯肉がやせ、歯肉が退縮し象牙質が露出するためしみてきます。

4 酸・酸っぱいもので酸蝕症に

酸っぱい食品を食べ過ぎると、エナメル質はだんだん薄く弱くなり、象牙質が露出し、知覚過敏になります。

 ホワイトニングのし過ぎ

日本人の歯は欧米人に比べ、黄色く、これをまっ白にするには徹底したホワイトニングが必要です。知覚過敏のリスクも高くなります。

 歯みがきのし過ぎ

ワイヤーブラシか?と思うほどの固いブラシで磨かないと気のすまない人。
電動歯ブラシで1日に 何度もみがく人。過度な電動歯ブラシの使用は歯肉退縮をおこします。
美白歯磨き粉を、多量に使ってみがく人。美白歯みがき粉では、歯そのものは白くなりません。

7 歯の破折・亀裂 

なんらかの原因で亀裂が入った歯は、しみてきます。

8 加齢

1部の歯だけではなく、全体的に歯肉退縮がおこり、象牙巣が露出するためしみてきます。

9 虫歯

虫歯じゃないのに歯がしみるときの治療

治療の第一は自己管理「セルフケアです」

自然治癒

 一過性のごく軽い痛みなら自然治癒に向かいます。

簡単な治療

2 冷みるのが強い患者さんには、セルフケアだけでは限界があります。

1度しかはえてこない歯ですから、なるべく軽い処置から始めていきたいと思うのが歯科医師の気持ちです。
・レーザー治療や
・表面にコーティング剤を塗る治療
軽い知覚過敏でしたら、数回の処置で歯にダメージを与えることなく痛みが消えていきます。

中程度の治療

 歯が擦り減ったり、くさび状欠損になっている所を
・レジン(保険)や
・ダイレクトボンディング(自費)
で埋める方法があります。歯と同じ色の材料を使い優れた方法ですが、原因の歯ぎしり・くいしばりをやめないと修復処置された場合でも、とれてしまいます。それほど歯ぎしり・くいしばり・噛みしめの力は強いものです。

根っこの治療(神経の治療)

4 上記2、3の治療を施しても痛みが強く、冷みる場合は表面的治療では痛みはとれません。
歯を削って神経を取り大きなむし歯治療同様の治療が必要です。

さし歯が壊れる意外な原因

・さし歯が壊れる意外な理由って何?

・突然さし歯の白い部分がとれた!

さし歯

↑症例写真

まん中の写っている銀歯は、もとは前窓冠(プラスチックで覆われたさし歯)だったものです。
白いプラスチック部分は取れてしまっています。この方はほとんどの奥歯にくさび状欠損がみられます。

審美歯科治療は各人の口腔内状態が違いますので、治療期間・費用は異なります。

☆ 審美歯科の費用についてはこちら

 

さし歯が壊れる意外な理由とは?

歯ぎしり・くいしばりが強いと、くさび状欠損(歯ぐきのきわがえぐれる)が起こることは何度も書いてきました。

くさび状欠損

固いエナメル質を削ってしまう咬合力は、プラスチックのさし歯も壊してしまいます。
歯の大きく金歯や銀歯をかぶせてしまえば容易に壊れることはないかもしれませんが、かぶせた歯の中で割れたりひびが入ることも考えられます。
さし歯が壊れる、はずれる等は、咬合力に起因することが多くあります。 

咬合力は自己コントロールできることを知り理解を深めて下さい。
自己コントロールについては《審美歯科と知覚過敏・歯ぎしり・くいしばり》のページをご欄下さい。

関連記事

  <<この記事を読んだ方は、歯根破折についても読んでいます。

シニア世代における「オーラルケア」に関する調査

2010年9月14日~9月15日 530件

男性30.0% 女性70.0%

株式会社GF

1  1日に歯を磨く回数は?

2回 50%

3回以上 28.7%

2 正しい歯磨きについて

「十分できていると思う」22.3%

「まあまあできている」が67.6%と最も高い結果でした。

3 歯や口の中で気になること

1位 歯周病34.7%

2位 入れ歯・差し歯 18.%

4 歯の定期健診は受けていますか?

受けている 48・8%

歯ぎしりの5つの治療法  長年の歯ぎしりで欠けてしまった前歯の写真

質問 「夫の歯ぎしりで夜中に目が覚め、寝不足で困っています。治し方や防止グッズなどがあったら教えて下さい。」 

歯ぎしり

歯ぎしり 食いしばりの影響

睡眠中に本人が気づかずにする歯ぎしり(ブラキシズム)は、ストレスやかみ合わせの悪さが原因の場合が報告されています。
ひどい時は、歯や歯周組織の損傷ばかりか、全身にも悪影響を及ぼすことがあります。

歯ぎしり

歯ぎしりを長年続け、前歯がかけてしまった症例

臼歯の歯と歯肉のきわは、くさび状欠損が、できています。

クレンチング・タッピング

歯ぎしりは、よく知られていますが、無意識の行われるものとして、そのほかにぐっとかみしめるクレンチング(食いしばり)や、歯と歯を触れあわせてカチカチさせるタッピングなどもあります。 

起きている時は、ご飯を食べる時以外に上下の歯が触れているのは、1日の中で5分もありません。
いつも上下の歯を噛みしめている人は、よい状態といえませんので気をつけて下さい。
唇は閉じられていても上下の歯が、ガッチリ噛んでいてはいけません。

スポーツ選手などで、歯を噛みしめることが必要な方は、歯医者さんでスプリントを作ってもらって使用したほうがよいでしょう。

かむ力の影響(咬合力)

しかし就寝中は、長時間上下の歯が当たっています。
さらに、歯ぎしりは、ほとんどが通常咀嚼時のかむ力(咬合力)の数倍から10数倍に相当すると報告されています。
こうした力が持続的に加わると、歯が擦り減ったり、歯の破折や、修復物の脱離の原因となると考えられています。
さらに長期間持続すると歯周組織が破壊されたりするのはもちろん、肩こり、顎関節症などさまざまな症状を引き起こします。

答え 歯ぎしりは疲れやストレスで精神的に不安定な時に起こりやすいとされています。

リラックスして過ごされると同時に歯の摩耗を防ぐためにマウスピースを作るといいでしょう。

歯ぎしりの5つの治療方法

 スプリント方法(マウスピース装着) (マウスピース製作は保険適応です)
 咬合調整

 自己暗示法
 精神安定
 ストレスの緩和

ストレスなどの患者さん自身が持つ心理的状態や、悪習慣、そしてかみ合わせの不調和などといった原因をつきとめ、解決することが大切です。

関連記事

<<リラックスして過ごすために→健康チェック

PAGETOP