Q「唇が乾燥します。天然のリップクリームなんてありますか?」

・「唇の乾燥対策ってなんですか?」

・「つやつやの唇になりたいんですけど、どうしたらいいですか?」

女性の口元

口角炎の2つの大きな原因

口角部(唇の両端)がきれて痛くなる症状です。

ひび割れのような亀裂ができて食べ物がしみて痛みます。

1.身体が原因

● 風邪や胃腸障害

● 貧血の時に起こりやすく

● ビタミンB群の欠乏

● 慢性病による衰弱などが誘因になって細菌の感染が原因となります。

ビタミンB群は、レバー、豚肉、卵などに含まれます。食事だけで摂取するのが難しい場合は、ビタミン剤やサプリメントを利用するのもよいでしょう。

2.入歯が原因

上下総入れ歯の患者さんで口角炎がなかなか治らない場合

● 入れ歯の咬合高径(上下の高さ)が低くなっている時に口角炎の症状があらわれることがあります。
上下の入れ歯をよく見て下さい。人工歯が、すり減ってぺったんこになっている場合は、新しい入れ歯につくりかえて下さい。
口角炎の症状が消えることがあります。

ビタミンB2が豊富な食材

唇の乾燥

口角炎ではなく冬場に唇が乾燥し、割れたりするのはこまめな保湿を心がけて下さい。
ワセリンや蜂蜜をぬるのが効果的です。
しかしワセリンや蜂蜜を外出先に持ち歩くのは、現実的ではないので参考のリップクリームをあげておきます。 

shea

※参考商品 生活の木 シアバターリップステックホワイト5g

<<生活の木のHPはこちら

白くマイルドな香りの精製シアバター50%配合されたリップクリームです。
潤いを与えるとともに、乾燥、紫外線などのダメージによる唇の荒れを防ぎます。

<<口角炎についてはこちら

▲審美歯科と美容のTOPへ

口角炎と関連の深い栄養素

口角炎の原因はビタミン不足によって発症することが多いです。特にビタミンB2不足は口角炎になりやすいです。

口角炎と関連の深い栄養素

・ビタミンB2 水溶性で体内に蓄積できないため毎日採る必要があります。

レバー・うなぎ・卵・納豆・乳製品

ビタミンB2が豊富な食材

・ビタミンB6

かつお・まぐろ・レバー・バナナ

・ナイアシン

・ビタミンA

・ビタミンC

れもん・イチゴ・野菜・芋類

いちご

さいたま市でやっているイチゴ狩りについて→

 

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区