なぜ、すきっ歯の人には歯間ブラシが必要なのか? 

以下のどれかにあてはまる人は、よくご覧下さい。

・歯間ブラシを使っている
・歯間ブラシをすすめられた
・奥歯によくものがはさまる
・すきっ歯。。。
・ようじを使って歯のそうじをする

BBF5B4D6A5D6A5E9A5B7BCCCBFBFA3F0A3ED

歯をよくみがくのが難しい状況で綺麗な歯を維持するための3つのポイント

ポイント1 

歯間ブラシの大きさを選ぶ

大きすぎる歯間ブラシは、歯肉を退縮させ、ますます、すきっ歯になってしまいます。

ポイント2

歯間ブラシの材質を選ぶ

ブラシタイプとゴムタイプがあり、ブラシタイプの方が、清掃効果は高いです。

ポイント3

歯間ブラシを使わなければならない口腔内なのか?

デンタルフロスがぴったり適応の場所に長期的に歯間ブラシを入れていると歯肉は歯間ブラシの形にすいてしまいます。注意が必要です。 

歯間ブラシ

歯と歯の隙間が大きい人は、歯間ブラシの使用が最適です。

歯と歯の間に隙間ができて、食べ物、繊維がつまりやすい所は、汚れが残っていてむし歯や歯周病の原因となります。

歯間ブラシを使ってきれいにしましょう。 

歯間ブラシを使う時の3つの注意!

歯間ブラシ

 小さめのブラシを使って下さい。大きいブラシを無理矢理押し込むとその歯ブラシの形どおりに歯肉が退縮してしまいます。

2 歯肉の間に隙間のない人は、無理に使う必要はありません。
無理矢理歯の間に入れると歯肉を傷つけますし、歯肉退縮してすきっ歯になってしまいます。デンタルフロスを使って下さい。

 いろいろな材質の歯間ブラシがありますがゴム製のものは、つまっている食物残渣を押しだすことは可能ですが、プラーク(歯垢)を落とす効果はあまり期待できません。
プラークをきれいに落とすにはブラシ製の歯間ブラシが良いでしょう。

※参考商品 株式会社ジーシー プロスペック 歯間ブラシ

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区