術前下前歯離開

セラミックで審美治療

「下の前歯がすいているのが、気になる。」と言われいらっしゃいました。

模型をとって、技工士さんといっしょの検討してみます。

模型

模型 セラミック検討

模型をとって、どの治療がBestか検討していきます。

1案 ダイレクトボンディング

2本ダイレクト

ダイレクトボンディング治療で、隙間をうめていく治療。

2案 セラミックブリッジ

3本セラミックBr

2本の歯を削って、3本あるように見せる治療。

3案 セラミックをつける治療

セラミック1本プラス

隙間にセラミックをつける治療。

患者さんは、3案を希望しました。

3案1例

1案試適

3案を細かく仮歯を使って、試適します。すいている分だけセラミックを付けたらどうか????なんか、ようじみたいです。

3案2例

2案試適

歯が重なるように並べて試適してみます。長さをもう少し、短く。色を隣と合わせて。と感じがつかめてきました。

オールセラミック セット

セット セラミック

2本の歯は、削っていませんので、はずそうと思えば、元の歯に戻せます。オールセラミックと接着の進歩で、完成させられました。

ラボさん(技工士さん)ありがとうございます。今回、私はあまり仕事していません。。。

各人によって口腔内状態が違いますので、治療期間・費用は異なります。

審美歯科の詳しい費用についてはこちらへ

<<審美治療について

▲顕微鏡とむし歯のTOPへ

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区