歯医者の道具ってどうやって洗っているの?

・ 歯医者に通っています。消毒しているか心配です。

・ 歯医者の器具ってどうやって消毒するの?

スーパークレーブ

感染対策

「スタンダードプリコーション」という言葉があります。
これは全ての患者さん(感染の有無にかかわらず)の血液や唾液、体液、排出物を感染の疑いのあるものとして とり扱う概念です。

歯科では 血液、唾液、歯肉溝液、滲出液、剥離した組織、抜去歯牙および口腔軟組織、これが付着したガーゼ、布、綿、グローブ、コップ等を防御対象物とします。

医療従事者として患者さんから患者さん、患者さんから歯科医療従事者、歯科医療従事者から患者さんへの感染を食い止めるということは常に頭に入れておかねばならないことと考えています。

原則全て減菌または使い捨て・機械類はカバースリーブ

歯科治療に用いるマイクロスコープはもちろん レントゲン、ユニットチェアーは、ビニールカバーをし、ホース類もスリーブでカバーしています。

新車を購入した時、座椅子カバーをはずさない人みたい?!
そうではありません。
感染防止のためにカバーをし、取り替えているのです。
交差感染防止のためです。

減菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器にかけると 道具がよく壊れ廃棄物処分にしたり修理に出したりします。

減菌を繰り返すと機械道具の油分がぬけてしまうので、壊れる原因のひとつです。スペアも必要です。手間とコストがかかります。

・薬液消毒
・ディスポーザブル(使い捨て)
・手袋 ・マスク
・ウエルパス(手指消毒) 当然のことと考えます。

▲滅菌・消毒のTOPへ

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区