・お店の入り口にあるアルコールって効くの?

・アルコール消毒と手洗いってどっちがいいの?

・アルコールってカサカサにならない?

手洗い

アルコール消毒と石鹸手洗いを比較したところ石鹸手洗いでは、菌が60分に1~600分の1の減少に対し、

アルコール消毒では、菌が3000分の1に減ったと報告があります。

アルコール消毒の利点

アルコール消毒は、短時間で菌を確実に減らすことができます。

アルコール消毒の注意点

アルコールには高い消毒効果がある一方、脱脂作用もあるため、頻繁に使用すると皮膚表面の皮脂を奪い手荒れがおこりやすくなります。

通常の生活の中では必要な時だけアルコール消毒を行うだけでも十分効果があります。

手洗い(手指消毒)寒天培地の結果

手指の消毒は、治療者から患者さんの、また患者さんから治療者への水平感染を防ぐことを可能にするもので、院内感染予防の初歩的かつ重要なポイントです。

細菌検査2

写真 日本歯科大学

口腔外科学教室

佐藤田鶴子先生資料より

手指の消毒効果を確認する試験

手洗い 汚れが残りやすい所

手洗い前の手指の汚れ(左)

手洗い直後(右)

手洗い

洗い残しが起こり やすい部位

洗い残しがやや 起こりやすい部位

手の甲           手のひら

従来の石鹸と流水による手洗いを基本とし、擦式消毒用アルコール製剤(ウェルパス)を使用した手指消毒が現在推奨されています。擦式消毒用アルコール製剤は、手洗いによって得られた消毒効果を持続させ、増菌防止効果があります。

関連記事

<<この記事を読んだ方は、顕微鏡歯科についても読んでいます。

▲滅菌・消毒のTOPへ

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区