皆さんが就寝している時にいきなりムセたり、咳き込んだりした経験がある人はいますか?

もしかしたら唾液誤嚥を起こしている可能性があります。

今回は唾液誤嚥について詳しくお話しします。

睡眠

唾液誤嚥とはどのような症状?

唾液は抗菌作用や、粘膜保護の作用、自浄作用などさまざまな作用があり、一日に1~1.5リットル分泌されると言われています。

この唾液が寝ている時に誤嚥してしまうことを唾液誤嚥といいます。

※寝ている時以外にも唾液を誤嚥することはあります

唾液誤嚥はどのようにして起こるの?

皆さんが寝ている時、仰向けで寝ている人は多いのではないでしょうか。

仰向けで寝ていると口腔内に唾液が貯まっていき、無意識に嚥下反射を起こし唾液を飲み込んでいます。飲み込んだ唾液が食道ではなく、気管に流れ込むことでムセや咳き込みを起こします。寝ている時は無意識のことが多いので唾液が気管に入り込んでもムセなどは起こらず、誤嚥してしまうことがあり、唾液誤嚥が起こります。

寝ている時はどのようにしたら誤嚥しにくいの?

寝ている時は仰向けではなく、横向きで寝ると咽頭側壁という気管より下の広い空間に唾液を20ccほど溜めることができるようです。

嚥下反射が起こることで唾液は食道に飲み込まれていきます。横向きでも後ろに倒れる体制になると誤嚥の危険性があります。

横を向いた姿勢で寝ていても、だんだん後方に体制が倒れてきてしまっては、誤嚥のリスクが高まります。

唾液誤嚥を予防するためにもしっかりと横になった姿勢を維持することが大切です。

嚥下反射が起こりにくい人や唾液の量が多い人もいるかと思います。

そのような方は、唾液が口から出るように口元を下にしてタオルをあてて唾液を吸わせるようにしてみてください。

横向きの体制で寝るための工夫を!

寝る前は横向きで寝ていたとしても起きたときには仰向けになっていたり、違う体制になっていたりするものですよね。

横向きの体制を維持するためには、背中が後ろに倒れないようにするためにクッションや布団を丸めたものを置いてみるなどの工夫をしてみるとよいかと思います。

ムセや咳き込みの頻度が多い人は一度相談してみましょう

寝ている時に頻繁に唾液誤嚥を起こしていてムセや咳き込みなどがある場合は一度専門医に相談してみましょう。

また、横向きで寝るということを試してみましょう。

誤嚥は誤嚥性肺炎につながることがあります。しっかり予防していきましょう。

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区