春になり、桜も満開となり、イチゴがおいしい季節になりました。

イチゴ狩りに行った、これからイチゴ狩りに行く!という方も多いのではないでしょうか?

甘くておいしいイチゴですが、虫歯予防にも効果があるって知っていましたか?

今回はイチゴと虫歯予防についてお話します。

いちごを食べる女性

イチゴに多く含まれるキシリトール

皆さんの中には、イチゴは甘いのにどうして虫歯予防になるの?と、疑問を抱いている方も多くいるのではないでしょうか?

実はイチゴ100g中にはキシリトールが350㎎も含まれています。

キシリトールってなに?

キシリトールとは、糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同等の甘味度をもっています。皆さんの中にもキシリトールガムなどを食べたことがある人も多いと思います。

キシリトールのガムを食べるとスーッと冷たい感覚になりますよね?

キシリトールは溶けるときに熱を奪う性質があるのでキシリトールを食べるとそのような感覚になります。

キシリトールはなぜ虫歯にならないの?

キシリトールなどの糖アルコールとよばれるものは、普通の砂糖などと違い虫歯の原因にはなりません。なぜかというと、砂糖などを食べたときには、歯を溶かす酸が作られます。この酸によって歯が溶かされ、最終的に虫歯になります。

しかし、キシリトールはこの虫歯の原因となる酸を作らないため虫歯になりません。

キシリトールには他にも様々な働きがある

キシリトールには磨き残しなどの歯垢(プラーク)の中のミュータンス菌(むし歯菌)を減少させる働きがあります。また、甘味により唾液の分泌を促進し、唾液の働きにより虫歯になりにくい口腔環境を作ります。

キシリトールはイチゴ以外の食べ物にも含まれます

キシリトールが多く含まれている果物はイチゴの他にプラムやラズベリーなどがあります。

また、果物だけでなく野菜にもキシリトールは含まれます。例えば、レタスやほうれん草、ナスなどに多く含まれます。

キシリトールを積極的に摂取して虫歯予防をしましょう

このように、イチゴ以外にも様々な食べ物にキシリトールが含まれています。

また、最近ではキシリトールのガムだけでなく、飴やラムネなど様々なものが販売されていますので、ぜひキシリトールを食べて虫歯予防をしましょう。

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区