皆さんの中には、口が乾くな~、喉が渇くな~という体験をしたことがある人は多くいるかと思います。

暑いときに喉が渇く、緊張した時に口の中が渇くなど様々な場面があるかと思いますが、常に口や喉が渇くという人は注意が必要です。

歯磨き中の女性

口が渇く病気ドライマウス

皆さんもドライアイという病気を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ドライアイは目が乾燥してしまう症状です。ドライマウスは目ではなく、口が乾燥してしまう症状です。日本語では口腔乾燥症といいます。

ドライマウスは女性の方が多い?

ドライマウスは男性より女性の方が多いと言われています。

女性の中でも特に中高年(50~70歳ぐらい)の人に多いと言われていましたが、最近では30歳~40歳の女性で多くなってきていると言われています。

ドライマウスにはどのような症状があるの?

ドライマウスには口や喉の渇き以外にも、食べ物が飲み込みにくくなった、口臭が強くなった、食事の味がわからない、舌がもつれてしゃべりにくい、口の中がねばねばするなどの自覚症状があります。

ドライマウスの原因にはどのようなものがあるの?

ドライマウスの原因にはまず、唾液の減少があげられます。

唾液は年齢を重ねるにつれて量が低下する人が多くいます。また、口呼吸で口の中が常に乾燥していたり、ホルモンの影響で唾液が減少する場合もあります。

その他にも、ストレスや喫煙、薬の副作用により唾液が減少する場合もあります。

ドライマウスにならないためにはどうしたらいいの?

ドライマウスを防ぐためにはまず、唾液の分泌を促すことが大切です。

食事をするときに食べ物をよく噛むことでも唾液の分泌を促します。ガムなどを噛んでいるとだんだん唾液がでてきますよね。

また、唾液腺をマッサージしてあげるのも良いでしょう。

乾燥が強い場合は保湿剤などを利用しましょう

唾液がどうしてもでない場合は、薬局や歯科医院で販売されている保湿剤などを利用してみるのも良いかと思います。最近では保湿剤以外にも様々なドライマウス商品が発売されています。

ドライマウスはQOLの低下にもつながります

ドライマウスになり口臭が気になると人と話すのも気にしてしまいますよね。また、唾液が出ないことで味がしないと食事も楽しくありません。

ドライマウスかなと思ったら歯科医院に相談するようにしましょう。

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区