お子さんの仕上げ磨きをする時に口の中をみるとなんだか歯に色がついていると思ったことがあるひともいるのではないでしょうか?

今回は子供の歯の色についてお話しします。

子供と飲み物

前歯が茶色く着色している場合

前歯の部分が茶色く着色している場合は、お茶などにより着色している場合があります。

緑茶や、ほうじ茶、麦茶、紅茶などは着色しやすい飲み物と言われています。

お子さんがよくお茶などを飲む場合は、これらの着色しやすい飲み物や食べ物により着色している可能性があります。

着色してしまったらどうしたらよいの?

着色だけであれば、特に問題はありません。大人でもコーヒーなどで着色するように子供も着色するのです。

気になる場合はガーゼなどでやさしくこすってあげると着色がとれる場合がありますが、気になる場合は歯科医院で診てもらうのもよいでしょう。

歯に白いものがついている

歯に白いものがついていて歯ブラシでも取れない場合は、歯石であることが多いです。

歯石は大人だけでなく子供の歯にもつきますので、定期的に歯科受診をしましょう。

歯石になってしまうともう歯ブラシではとれませんので、無理にブラッシングをして歯や歯茎に木津をつけないようにしましょう。

歯の表面がオレンジっぽくなっている

これはオレンジプラークといって、プラーク(歯垢)が硬くこびりついたものです。

これは、歯ブラシで落とし切れていない汚れが付着したもので、歯磨きが行き届いていない部位に見られます。

普通のプラークよりしっかりとこびりついているので、歯科医院でクリーニングしてもらうようにしましょう。

歯が生えてきた時から色がついている

最初に歯が生え始めたときから黄色や茶色などの色がついている場合は、エナメル質形成不全のことが多いです。これは、エナメル質が十分な強さを持たないまま生えてきたものです。

歯を強化するために歯科医院などでフッ素を塗布してもらうのもよいでしょう。

虫歯で黒くなっている場合

乳歯は永久歯より歯質がやわらかく、酸に弱いために虫歯になりやすいと言われています。また、虫歯になると一気に進行する場合があります。

虫歯になってしまっている場合は歯科医院で適切な治療をしてもらいましょう。

気になることがあればお近くの歯医者さんへ

いろいろなケースについてお話ししましたが、やはり、気になったら自分で判断するのではなく、専門家に診てもらうことも重要です。

歯磨きでも落ちない着色がある場合は歯科医院へ相談してみるのはいかがでしょうか。

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区