みなさんの中には、自分の歯の色がグレーっぽく変色していたり、歯の色がまだら模様になっていたりして悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

それは、テトラサイクリン歯かもしれません。

今回はテトラサイクリン歯について詳しくお話しします。

歯の色が変色

テトラサイクリン歯ってどんな特徴があるの?

テトラサイクリン歯というと、聞いたことがある人は少ないかと思います。

テトラサイクリン歯とは、テトラサイクリン系の抗生物質により変色した歯のことをいいます。

テトラサイクリンとはどのようなもの?

テトラサイクリンはいろいろな種類の菌に効果があると言われています。

そのため、テトラサイクリンが多く使われていた時期があります。

特に昭和40年代に多く使われて、その年代の人は、テトラサイクリンにより歯が変色してしまうという方が多くいると言われています。

今では、12歳までの子供や妊婦さんへの処方はなるべく避けるようにしていますが、肺炎や皮膚疾患などの治療薬として使用されることがあります。

ではなぜ変色してしまうのでしょうか

歯が作られる0歳から12歳までの間にテトラサイクリン系のお薬を服用すると、もともと黄色がかった色のテトラサイクリンと象牙質のカルシウムが結合することで、象牙質に沈着してしまいます。

また、紫外線が当たるにつれてだんだん色が濃くなっていきます。そのため、奥歯より日の当たる前歯の色が目立ちます。

テトラサイクリン歯はどんな色になるの?

歯の色は、軽度の場合はうすいオレンジ色や濃いオレンジ色。重度になるにつれて、グレーや黒色などに変色します。

色や発症する部位は、服用したお薬の種類や服用した時期によりそれぞれです。

テトラサイクリン歯になったらどうしたらよいの?

テトラサイクリン歯にはホワイトニングや、ラミネートベニアなどの治療法があります。

軽度の場合はホワイトニングでも改善することがあります。

重度のテトラサイクリン歯は、ホワイトニングでは改善が難しいことが多いため、ラミネートベニアやかぶせ物をして色を目立たなくします。

自分の歯が気になる場合は歯科医院へ

自分の歯がなんだか着色しているという人はもしかしたら、テトラサイクリン歯かもしれません。気になる方は歯科医院でしっかりみてもらいましょう。

特に20代後半から40代の人は注意してご自身の歯を見てみてください。

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区