鏡をふと見たときに歯茎が黒い!!これって病気?とびっくりしたことがある人もいるかと思います。

歯茎が黒くなる理由には様々なものがあります。

歯茎が黒くなる理由について

歯の模型を持つ女性

ブラックマージンで歯茎が黒く見える

金属の裏打ちのあるかぶせ物を入れている歯の部分の歯茎が下がることで金属の部分が見えてしまい歯茎が黒く見えることがあります。

これをブラックマージンといいます。

これは歯茎自体が黒くなったわけではないので、かぶせ物のやりなおしや、金属部分を白いプラスチックで埋めることで改善します。

タバコを吸う人は要注意!

タバコを吸うことで歯茎が黒くなることがあります。タバコに含まれている成分にニコチンやタールがあります。その成分から歯茎をまもるために、メラニン色素が作られます。

メラニン色素が歯茎に沈着することで歯茎が黒くなってしまうというわけです。

かぶせ物をしていて歯茎が黒くなることも

かぶせ物や詰め物に金属の成分が入っていると、長い年月をかけて金属成分が錆びて歯茎に溶けだし、歯茎が黒くなることがあります。

これをメタルタトゥー(金属の刺青)といいます。

歯の根っこに歯石がついている

歯茎の上に付着した歯石は白や黄色っぽい色をしていますが、歯茎の下の歯の根の部分(歯肉縁下)についた歯石は黒くなります。

歯石の場合は歯科医院で除去することができます。歯ブラシでは除去できません。

進行した歯周病

初期の歯周病は、歯茎の出血や腫れなどの症状が出ますが、歯周病が進行すると歯茎が黒ずんでくることがあります。

なにか歯周病の症状に心当たりのあることがあれば、歯科医院に相談しましょう。

歯茎の黒ずみを治療するには?

歯茎の黒ずみを治療するにはレーザー治療やガムピーリングなどがあります。

これはすべての歯医者でできるわけではないので、行う場合はまず施術を行っているか確かめ、相談して適応なのかをみてもらいましょう。

健康な歯茎を保つために

健康な歯茎はきれいなピンク色をしています。

健康な歯茎をたもつためにも、喫煙者の方は禁煙から始めてみましょう。

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区