「なぜ犬の唇は黒いんだろう?」

常々疑問に思っていましたが、わかりませんでした。

最近、歯科医師会の資料にその答えが載っていましたのでお知らせします。

オオカミ
監修 中野愛彦先生(歯学博士)資料より
写真 高山景司氏  (動物園写真館)

オオカミの歯

オオカミは、元々私たちに親しみ深いイヌの仲間です。
人が飼うようになったのがイヌで、野生のままだとオオカミです。
イヌと共通する特徴は、裂肉歯という巨大な奥歯です。
大きな肉を切り裂くための特殊な構造で、肉食動物だけがもつ秘密兵器です。
オオカミのあごは、上下しか動かさないので、口を横にしてハサミのように噛んだり、振り回したり、全身でこの歯を上手に使いこなしています。

疑問 どうして犬の唇は黒いんだろう?

答え くちびるの部分が黒いのは、白い歯を見えやすくするためです

オオカミやイヌは上の歯を見せると「嫌い」下の歯を見せると「好き」という気持ちを表現します。

仲間とケンカで歯を使う場合も、噛みつく場所はほっぺただけ。
そこは、厚い皮膚と毛で守られ、傷つきにくいことを知っているからです。

言葉のない彼らにとって、歯はコミュニケーションの道具でもあります。
相手に歯を見せることを、人間以上に大切にしているのです。

関連記事

<歯科医が教える健康と美容のヒント15

■豆知識

犬とオオカミに違い人に飼いならされたイヌは、生肉・干し肉・加工肉、また野菜も食べられます。それと比べオオカミは、生肉以外は、食べません。

干し肉を食べると下痢してしまいます。

スワン日記TOPへ

▲動物の歯のTOPへ

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区