トラ ハンターの歯 

トラって噛まないで丸飲みって本当?

トラの牙 トラ

監修 中山愛彦先生(歯学博士)資料より
写真 高山景司氏  (動物園写真館)

トラの歯

口の両側に見える大きな歯に注目して下さい。
この犬歯の鋭さには、単独で狩りをするトラの習性が大きく関わっています。 

トラの狩り

自分だけの力で確実に獲物を捕えるには、すばやく相手に致命傷を与えなければなりません。

そこで活躍するのがこの必殺の歯です。
ひっそりと獲物にしのび寄り、飛びかかったら首の後ろをガブリ!
犬歯が延髄を突き刺し、速攻で息の根を止めてしまいます。

トラの仲間のネコが、首の後ろをつかまれるとじっとしているのもこれのなごりです。
抵抗すればもっと深く咬まれ、命取りだと本能でわかっているのです。

トラは丸飲み?!

そのほか、トラは「肉を切り裂く」ための歯(裂肉歯)が発達し、硬い肉でも包丁のように切り取ります。
その代り「噛み砕き、すりつぶす」ための臼歯(奥歯)の数は減り、ほとんど噛まずに丸飲みにします。
これは肉食動物の特徴で、私たち人間に立派な臼歯があるのは、よく噛んで食べる動物である証です。

関連記事

<<犬の唇はなぜ黒いの?はこちら

スワン日記TOPへ

▲動物の歯のTOPへ

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区