・なぜ、マイクロスコープを使うといいの?

・なぜ治療は時間がかかるの?

・難しい治療って何?

マイクロスコープを使うメリット

歯の中を拡大して見ることができる

歯の中は暗く、小さく見えにくい場です。その中にある歯はもっと小さく、その小さな歯に中にある根っこはさらに小さいです。

根治療 近心頬側根

古い金属を開けて、根っこの治療をしているところです。3つある根っこの1つに固いものが入っています。これを取るには、マイクロスコープ・器具・時間がないと除去できません。

マイクロスコープを見ながら専用器具を使う

近心頬側根 除去中

顕微鏡を使い、ずっと見ながら専用器具を使って除去していきます。少しづつ出てきているところです。

器具は、垂直で固くしならずまっすぐです。角度のついた器具もありますが、除去したいものは、くい込んでいるために簡単には取れません。

マイクロスコープを使うデメリット

上記・下記の写真は、時間をかけて治療をすすめていったので除去できました。

マイクロスコープを見て時間をかけて治療する(時間がかかる)

近心頬根 除去後マイクロスコープを使っても魔法のように簡単に作業が進むわけではありません。

患者さんは、垂直に寝て口を開いててくれますが、歯は斜めになっています。根の長さ・深さ・角度・数も様々です。歯の治療は時間がかかることもあります。

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区