ベロの先を置く所って決まりがあるの?

・いつもポカンと口を開けている。

・指しゃぶりがやまらず、前歯が開いてしまった、そこの間に舌を入れる癖がなおらない。

・発音が悪いのは、舌の位置の問題だと言われた。

child

以上のように思われた方は、よく読んで下さい。

正しい舌の位置にないと歯が徐々に動いて左右非対称になったり、出っ歯になったりします。

舌癖ってなに?

ベロの先は通常、安静時にある所は上顎の前歯の付け根に近い歯茎にあります。舌は筋肉です。正しい位置になく前歯の後ろにあったりすると、前歯を押すのが習慣になって前歯が動き出し出っ歯になります。

上の前歯と舌の前歯の間に舌を入れる癖があると歯並びは(開口)悪くなります。

上の前歯と舌の前歯の間に舌を入れる癖

舌癖の原因

1 指しゃぶり

指しゃぶりを続けていると上下の歯と歯の間に隙間ができて、その隙間の中に舌をつっこんでしまう癖がつきます。

2 アレルギー性鼻炎、扁桃肥大

鼻やのどの病気のため、口を開けて息をするようになるため、舌が前に出たり、舌を舌の前歯の裏を押す癖がつきます。

3 舌小帯(ベロの裏のヒダ)が短い

<<舌ブラシについてはこちら

舌が正しい位置にないとひき起こる危険な8つの症状!

1 口臭悪化

口呼吸になると口の中がこ乾燥し、口臭が悪化します。

2 口呼吸

口呼吸になると舌の位置が下がり、舌の前歯の裏を押すようになり、歯並びが悪くなります。

3 歯並び

指しゃぶりから歯と歯の間があいてしまうことがあります。常に口が開いているため、見た目が悪くなります。

4 いびき

5 睡眠時無呼吸症候群

6 不眠症

口呼吸のため、息苦しく寝つきが悪くなります。

 二重あご、顔のたるみ

8 風邪をひきやすい

鼻で呼吸することで風邪のウイルスを防ぎます。口で呼吸する人は、ウイルスがダイレクトに身体に入ってくるため、風邪をひきやすいといわれています。

正しい舌の位置

ハートのシールがついている所が正しい舌の位置です。上顎の歯のつけねの部分です。決して歯の裏にあててはいけません。歯が舌(筋肉)で動き出し、歯並びが悪くなります。

正しい舌の位置

正しい位置に舌がきていない場合は、セルフコントロールが必要です。正しい位置に舌先を置いて舌癖を直すトレーニングが必要です。

トレーニング法

1 正しい位置に舌先を置く

2 正しい位置に舌先を置いたまま、口を開ける、とじるの繰り返し

3 正しい位置に舌先を置いたまま、つばを飲み込む

4 1~3を1日に数回意識して続ける。

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区