審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区
投稿
  • HOME »
  • 減菌・消毒

減菌・消毒

新しい光重合器

ダイレクトボンディングなど接着が必要な審美治療、矯正治療、ホワイトニングと光照射で重合する治療頻度が増えています。

今回光重合器を新しく数台増やしました。

G-Light Prima-Ⅱplus

G-Light Prima-Ⅱplus

ハイパワーLED照射力で、複数回の照射が必要な積層充填や矯正治療を短時間で完了できます。臼歯部の治療にも使いやすく設計されています。

ウルトラデント社 VALO

ウルトラデント社 VALO

米国ウルトラデント社が開発した照射器を導入しました。VALOは航空機にも採用される高品質のアルミニウムが使用されていて軽く使いやすいです。

フリッポ

フリッポ

従来からあるフリッポは電圧変動の影響を受けない定電流回路が内蔵されていて繰り返しの連続照射でも、常に安定した光高度で照射できて安心です。

電動歯ブラシ ブラウンオーラルBの感想

【ブラウンオーラルBジーニアス】のデモ

東京から専門の方に来ていただき、今回最上位のモデル【ブラウンオーラルBジーニアス】の使い方を教わりました。

【ジーニアスブラウンオーラルB】

最新電動歯ブラシの感想

ジーニアス【ブラウンオーラルB】は松岡修三さんのCMで有名なオーラルBの技術を結集した最上位のモデルです。

音と振動がブラウンぽい、クールな感じで男性にはぴったりかもしれません。

使ってみた感想は、数日たつと歯の表面がツルツルすると感じました。

歯磨き習慣のつかない方は、電動ブラシを使用することで口腔内を良好に保てるかもしれません。

アルコール消毒と手洗いってどっちがいいの?手洗いの汚れやすいところ

・お店の入り口にあるアルコールって効くの?

・アルコール消毒と手洗いってどっちがいいの?

・アルコールってカサカサにならない?

手洗い

アルコール消毒と石鹸手洗いを比較したところ石鹸手洗いでは、菌が60分に1~600分の1の減少に対し、

アルコール消毒では、菌が3000分の1に減ったと報告があります。

アルコール消毒の利点

アルコール消毒は、短時間で菌を確実に減らすことができます。

アルコール消毒の注意点

アルコールには高い消毒効果がある一方、脱脂作用もあるため、頻繁に使用すると皮膚表面の皮脂を奪い手荒れがおこりやすくなります。

通常の生活の中では必要な時だけアルコール消毒を行うだけでも十分効果があります。

手洗い(手指消毒)寒天培地の結果

手指の消毒は、治療者から患者さんの、また患者さんから治療者への水平感染を防ぐことを可能にするもので、院内感染予防の初歩的かつ重要なポイントです。

細菌検査2

写真 日本歯科大学

口腔外科学教室

佐藤田鶴子先生資料より

手指の消毒効果を確認する試験

手洗い 汚れが残りやすい所

手洗い前の手指の汚れ(左)

手洗い直後(右)

手洗い

洗い残しが起こり やすい部位

洗い残しがやや 起こりやすい部位

手の甲           手のひら

従来の石鹸と流水による手洗いを基本とし、擦式消毒用アルコール製剤(ウェルパス)を使用した手指消毒が現在推奨されています。擦式消毒用アルコール製剤は、手洗いによって得られた消毒効果を持続させ、増菌防止効果があります。

関連記事

<<この記事を読んだ方は、顕微鏡歯科についても読んでいます。

▲滅菌・消毒のTOPへ

歯医者の歯を削る道具ってどういうの?5倍速エンジンの利点

歯医者の歯を削る道具ってどういうの?

・歯医者の歯を削る道具って痛いですよね

・歯医者の歯を削る音ってなんとかならない?

5倍速エンジン

歯を削る道具

歯を削る時は、通常2種類の回転切除器具があります。

タービン(エアタービン)High speed
30-40万/分もの回転数があります。切除能力が高く振動も少ないです。
エンジン Low speed
最大 1万回/分程度の回転数です。金属の詰め物を磨いたり、歯のクリーニング時に歯をみがいたりします。

ここ数年、5倍速エンジンといって削る効率はタービンに匹敵し、音が静かで振動も少ない器具が広まっています。
当医院でも発売後すぐに導入し、役立てています。

5倍速エンジンの利点

5倍速エンジンの大きな長所は歯に対する侵襲が少ないことです。

同等の虫歯でもタービンで削った時に比べ痛みが出にくいということです。

虫歯がある程度大きい象牙質まで広がっている治療の場合、痛みが出ることが多いというのが今までの常識でしたが、5倍速エンジンを使うことでこの頻度が随分減りました。 

歯を削る音も従来よりはだいぶ小さくなりました。

MI治療

歯科治療の進歩で歯質への侵襲を少なくでき、接着がよくなり、以前ほど歯を削らなくてもよくなってきています。
科学の進歩によりMI(低侵襲治療)が実現されています。

※全ての審美歯科治療に5倍速エンジンを使うのではなく、それぞれの症例・部位・状態によってタービンとエンジンを使いわけています。

▲滅菌・消毒のTOPへ

超音波スケーラー・歯石取りの器具は、歯を傷つけないの?

超音波スケーラー

毎秒25000~40000回の振動で歯石を破壊、除去できる器械が超音波スケーラーです。

当医院のクリーニングは、超音波スケーラーを中心に使っています。

他の器具も使用しますが、大きな歯石や汚れには、超音波スケーラーを用いています。

歯と虫歯イメージ

機械を使ってのクリーニングで歯面や根面が傷つかないのか?

根面への影響 他の機器との比較  これくらい傷つきます。

超音波スケーラー  11.6ミクロン

エアスケーラー    93.5ミクロン

キュレット      108.9ミクロン

ダイアモンドバー  118.7ミクロン 

超音波スケーラーの利点

イリゲーション効果

水に流れをつくる

歯石やバイオフィルム(アクティブな活動性のある歯垢)を流す

超音波スケーラー

キャビテーション効果

空気を放出する

空気は歯肉溝にひそむ嫌気性菌にダメージを与える

歯面・根面への影響と安全性を考慮して、最小限のパワーで超音波スケーラーを使っています。

関連記事

▲1日で終わるクリーニングはこちらへ

▲滅菌・消毒のTOPへ

手術用のライトってどこまで明るいの?~無影灯

無影灯

手術用のライトって明るいの?

手術用のライトってまぶしくないですか?

無影灯

「歯医者って毎日、オペでしょ。これいいよ。よく見えるよ。」と言う、美容形成外科の先生の勧めで無影灯を導入しました。

無影灯での処置

暗く狭い口腔内処置(外科手術等)は、歯科用ライトをあてていても非常に見えにくい状態です。
口腔内処置の安全を考え、術野を確実に見るために無影灯を使っています。

今日の医療機械の進歩・開発でLEDの高演色化が目指され平均演色指数96、その中でも赤色(血液)を示すR9においては99という高い数値が出る無影灯です。
正常な視覚判断を要求される医療現場で色収差のない光野をこの無影灯は作りだしてくれています。

※LEDとは

仕組みはLED電球と同じです。LEDとは、半導体を用いたpn接合と呼ばれる構造で作られていあます。発光はこの中で電子のもつエネルギーを直接、光エネルギーに交換することで行われ、熱や運動を必要としません。

・水銀がない

・ガラスでないから、けがをしない

・UVが少ない(美容業界も注目しています)

・虫がよってきません。

※審美歯科治療を行う際に全ての症例で無影灯を使用するわけではありません。
術野を確実に見るための光源なので主に奥歯の外科処置時に使います。
前歯の審美歯科治療時は、天然の光の元での色調選択が必要になってきますので、常時無影灯を使うことはありません。 

関連記事

<<この記事を読んだ方は、顕微鏡歯科についても読んでいます。

▲滅菌・消毒のTOPへ

歯医者の道具の洗浄方法 (消毒・滅菌)

歯医者の道具ってどうやって洗っているの?

・ 歯医者に通っています。消毒しているか心配です。

・ 歯医者の器具ってどうやって消毒するの?

スーパークレーブ

感染対策

「スタンダードプリコーション」という言葉があります。
これは全ての患者さん(感染の有無にかかわらず)の血液や唾液、体液、排出物を感染の疑いのあるものとして とり扱う概念です。

歯科では 血液、唾液、歯肉溝液、滲出液、剥離した組織、抜去歯牙および口腔軟組織、これが付着したガーゼ、布、綿、グローブ、コップ等を防御対象物とします。

医療従事者として患者さんから患者さん、患者さんから歯科医療従事者、歯科医療従事者から患者さんへの感染を食い止めるということは常に頭に入れておかねばならないことと考えています。

原則全て減菌または使い捨て・機械類はカバースリーブ

歯科治療に用いるマイクロスコープはもちろん レントゲン、ユニットチェアーは、ビニールカバーをし、ホース類もスリーブでカバーしています。

新車を購入した時、座椅子カバーをはずさない人みたい?!
そうではありません。
感染防止のためにカバーをし、取り替えているのです。
交差感染防止のためです。

減菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器にかけると 道具がよく壊れ廃棄物処分にしたり修理に出したりします。

減菌を繰り返すと機械道具の油分がぬけてしまうので、壊れる原因のひとつです。スペアも必要です。手間とコストがかかります。

・薬液消毒
・ディスポーザブル(使い捨て)
・手袋 ・マスク
・ウエルパス(手指消毒) 当然のことと考えます。

▲滅菌・消毒のTOPへ

歯医者のドリルって消毒してるの?ハンドピース自動洗浄装置

ハンドピース自動給油洗浄装置

当医院では、ハンドピースの消毒に自動洗浄・注入システムを使用しています。

ハンドピース洗浄機

今まで手作業で分解・清掃・給油・消毒をやってきました。
ハンドピースの故障の回数も多かったので自動給油洗浄装置を取り入れました。

従来の手作業でのメンテナンスに比べ無駄なオイルの消費もなくなり、時間の大幅短縮が図れ、効率的メンテナンス作業ができるようになりました。

▲滅菌・消毒のTOPへ

口腔外バキューム 歯科医院の空気のきれいさが保てるシステム

口腔外バキューム

歯や金属、プラスチックを削ったときに大量の切削粉塵・注水噴霧が発生するので口腔外バキュームを設置しています。

口腔外バキューム

歯科治療時、診療室内に発生する切除による飛沫や粉塵、電気メス、歯科レーザー使用時に発生する煙が、院内感染を引き起こすかどうかは定かではありませんが、可能性を否定できない以上はこれらに対する対策として口腔内バキューム(口腔内の水を吸う)だけでは、完全に取り除くことは、不可能なので口腔外バキューム装置を併用することによって、院内感染対策をしています。

▲滅菌・消毒のTOPへ

個別包装の滅菌パック~感染対策

滅菌パック~感染予防

質問「治療に使う器具ってきれいなのですか?」 

答 滅菌・消毒の流れを説明します。

滅菌パック

  1. 使用した器具を水洗いします。
  2. つぎに超音波洗浄器に消毒液を入れて再び洗浄します。
  3. 1、2をへて、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器2気圧132℃)にかけます。

これですべての細菌やウイルスは死滅します。滅菌された器具は、紫外線滅菌灯の中に保管され、清潔を保っています。

滅菌パック

当医院では、手術時、治療時には徹底的な感染予防に努めています。
外科オペ時にはもちろん、歯科治療全般に口腔内から出血がおこります。

滅菌パック

歯科治療ではあたりまえのことですが、血液・体液などの滲出液による感染リスクは、非常に大きいものです。
外科器具はもちろん、小さなバーも滅菌パックされた器具を使います。
器具を洗浄・滅菌せず使いまわすことはもちろんありません。
歯科治療は、お医者さんの内科治療と比べたら『全て外科治療』です。
外科手術と同様に感染予防を最も重要なことと考えています。

▲滅菌・消毒のTOPへ

レントゲンって身体に大丈夫なの?

質問「歯医者に行くとたくさんエックス線をとられます。本当に必要なのですか?身体に悪くないんですか?」

答え

エックス線には、大きく2種類のタイプがあります。口の中全体を把握する大きなパノラマ エックス線写真と個々の歯の状態を診る小さなデンタル エックス線です。

歯と歯ぐきを取り巻く歯周組織は、絶えず変化しているため、状況を把握するためにも確認が必要です。

また、症状確認のために、同じところを数カ月おきにエックス線写真を撮って診ることもあります。

レントゲン シーベルトSvの安全性について

2011年3月11日の東日本大震災で福島原発事故が起こり、放射線の被ばくの心配をされる方も多いと思います。
また歯科の診断の際に撮るレントゲン写真にも危険があるの?と心配される方がいるのも無理のないことと思われます。

歯科で使用するレントゲンの放射線量はごくごく微量です。
治療に必要とされる最低量のレントゲン撮影のみで不必要な撮影はしていませんので、安心して下さい。 

さいたま市歯科医師会の資料より

シーベルトSvとは放射線による人体への影響度合いを表す単位です。 

年間に受ける放射線量(世界平均)2.4mSv

宇宙から 0.4
大地から 0.5
食物から 0.3
空気から 1.2

(日本平均)  1.5mSv

 航空機搭乗(東京~ニューヨーク往復)0.2mSv
         東京~ニューヨーク往復×10回=1.0mSv

口腔内全体のレントゲン撮影(1回) 0.04mSv

パノラマ

口腔内部分のレントゲン撮影(1回) 0.02mSv

デンタル2

1日に受ける放射線量(世界平均)  0.007mSv

年間に受ける放射線量が100mSv以下ならばガンの過剰発生はみられないとされています。

▲滅菌・消毒のTOPへ

歯科のLED電球

LED電球

家庭用LED電球の利点

  1. 省エネ 自然電球は消費電力が高いが、LED電球は比べると電力が少なくすみます。
    もちろんCO2排出量も減ります。
  2. 長寿命 自然電球や蛍光灯に比べ大幅なロングライフを実現できます。
  3. スイッチを点けてから明るくなるまでの時間が短い。
  4. 紫外線や赤外線をほとんど出さない。
  5. 落としても割れない。

歯科のLED電球と従来の光の違い

歯科でもLED電球が発売され、さっそくとり入れてみました。

従来のライト

従来ライト

従来のタービンについている明かり

LED電球の光

LED電球2

LED電球のメリット

同じ模型を使って同じ部位に光をあてています。
患部がよく見えます。歯科治療は「見える」ことが重要で「よりよく見える」ことはLED電球の最大のメリットです。

▲滅菌・消毒のTOPへ

歯医者のスタッフの人は、何を書いてるの?iPad入力

iPad 入力

歯肉の検査の値の入力にipadを使っています。

ipad

ポケット検査値・動揺・出血・歯石・PCRポケット等の入力を、今まで手書きで大変でした。

iPadを使って入力できるようになったので、簡便化して楽です。

操作に慣れるまで手間どりましたが、すぐに慣れて時間短縮につながりました。

▲滅菌・消毒のTOPへ

ミニヘッドタービン 歯科治療の時に口を大きく開けられない人のために

ウルトラミニヘッドタービン

奥歯の治療は、口を大きく開いてもらう必要があります。患者さんも長時間、大変なので、ミニヘッドタービンが重宝します。

ミニタービン 

左が、ウルトラミニヘッドタービン 右が、よく使う5倍速のエンジンです。

マイクロスコープとMI

マイクロスコープを使用するMI治療

マイクロスコープを使用するMI治療(最小侵襲治療)を行うときは、視野の確保が絶対です。

口腔内は暗く小さいうえ、タービン、バキューム、ミラー等の器具が入りますので、できるだけ小さい器具、薄いミラー等の使用が必要です。

このスーパーミニヘッドタービンは細かい精度を求められる施術に力を発揮しています。

▲滅菌・消毒のTOPへ

PAGETOP