歯根破折かも?

・硬いもの食べたら、歯がぐきっといって、痛くなってきた。

・鏡で見てみたら、歯が割れているみたいです。

・歯医者で、「歯が割れている、抜かなきゃならない」と言われた。抜かずに治す方法はないの?

歯根破折

歯茎の中の根っこが割れることです。小さなヒビから、真っ二つに割れるものまで割れ方は、様々です。歯の軽い咬合通から始まって歯の腫れまで症状もいろいろです。

歯根破折の7つの症状

1 しみる

2 咬むと痛い

3 なんとなく痛い

4 歯茎ににぶい痛みがある

5 腫れる

6 口臭がひどくなる。割れている歯の周りから臭う

7 ぐらつく

歯根破折の状態

「左上の歯ぐきが腫れた、痛い、歯ソーノーローじゃないか?」
と患者さんが来院されました。 

レントゲン写真を診て歯周病ではなく、歯根破折を疑いました。しかし、
レントゲンのみでは確定診断が下せず、また歯ソーノーローと思っている患者さんには、銀歯をはずしてみるというのは、ためらう処置なのでその日は、切開して膿を出すだけにしました。

破切

マイクロスコープ 拡大

2週間後、同部位の銀歯がはずれて、再度お見えになりました。

マイクロスコープ強拡大

歯根破切・マイクロスコープ強拡大

たてに破折線が入っています。
『見える』ということは推測から確定診断へつなげることができます。
またマイクロスコープ→モニター画像に写すということは患者さんと術者が同じ視野を共有することができます。
患者さんも破折していることを理解されスムーズに次の処置にすすむことができました。

歯根破折の3つ原因

1.外傷

2.硬いものを食べる

「鳥の手羽の骨をかじったら、歯がぐきっとなった」といらした方がいます。

3.神経をとった歯

神経を取った歯は、水分がないので枯れ木のようにもろくなりますので、割れやすくなります。

歯根破折の治療法

残念ですが、割れた歯は元に戻りません。抜歯して、インプラント、ブリッジ、入歯のどれかの治療にすすみます。

▲顕微鏡と外科のTOPへ

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区