インプラントは、歯がない部分に人工の歯ができ、よく噛める画期的な治療法です。インプラントの発達によって多くの患者さんのクオリティオブライフが向上しています。

インプラント

インプラントにも寿命があります。グラグラして噛めなくなったら、除去が必要です。

インプラントを除去しなければならない時

インプラント周囲炎

細菌が歯肉と骨の間に入り、骨を溶かす病気。骨がなくなっていきますので、インプラントがぐらぐらしてきます。日頃のメンテナンスが大事なのは、このためです。

インプラント体破折

外傷などによって、インプラント体にヒビがはいったり、折れたりした場合。

↓矢印がインプラントです。

インプラント

インプラント+連結の補綴物は、かめる状態ではなかったので摘出しました。

昔のタイプのインプラントでガラスインプラント??

古いタイプのインプラントです。今は、使われていないタイプです。

関連記事

<<インプラントについてはこちら

▲顕微鏡と外科のTOPへ

審美歯科と顕微鏡歯科に取り組む、スワンデンタルクリニックはさいたま市岩槻区